日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 秋田汐梨は令和の桜井幸子?
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

令和の桜井幸子? 秋田汐梨『惡の華』『ホームルーム』で見せた存在感

文=成馬零一(なりま・れいいち)

翳のある少女を演じさせたらNo.1

『ホームルーム』の秋田に感じたのは、当時の桜井が持っていた、今にも消えてしまいそうなはかなさと芯の部分にある力強さだ。それは『ホームルーム』の前に出演した映画『惡の華』を観ると、よりはっきりとわかる。

 押見修造の暗黒青春漫画を井口昇が映画化した本作は、主人公の春日高男(伊藤健太郎)を翻弄する悪魔のような女子生徒・仲村佐和を演じた玉城ティナの怪演が話題となったが、個人的には佐伯菜々子を演じた秋田の存在感にすごみを感じた。

 田舎の中学校で、思春期の鬱屈を暴走させていく春日と仲村に対して、真面目な優等生の佐伯が担うのは、変わらない日常そのものだ。春日にとって憧れの美少女だった佐伯が、春日と仲村の変態的なアプローチに翻弄されるうちに歪んだ母性のようなものを発露し、性の力で春日を呑み込もうとする姿は、狂気をまき散らす仲村以上に不気味で生々しく、グロテスクな聖母とでもいうような存在感だった。

 撮影当時、秋田は15歳で、よくもまぁ、こんなヒドい目に遭うエグい役を演じ切ったものだと感心した。

『ホームルーム』もそうだが、こういう変態男子の妄想を刺激する真面目で翳のある少女を演じさせると、秋田は若手女優の中でダントツだと思う。だが、それを素直に喜んでいいのか? かつての桜井もそうだが、暗い役を頻繁に演じているとイメージが固定してしまうので、少し心配である。

 ファッション雑誌の専属モデルとして活躍していることから、SNS等で観る秋田は、洗練されたビジュアルの明るい女性だ。どうやら役によって大きく化けるタイプらしいので、次は『3年A組』の時のような、明るい女の子も演じてほしい。

成馬零一(なりま・れいいち)

成馬零一(なりま・れいいち)

1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。ドラマ評を中心に雑誌、ウェブ等で幅広く執筆。

サイト:記事一覧

Twitter:@nariyamada

最終更新:2020/04/22 13:50
12

令和の桜井幸子? 秋田汐梨『惡の華』『ホームルーム』で見せた存在感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

“鬼母”長澤まさみが恐怖

 人気コミックの実写化映画『キングダム』...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真