日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ・生田アナ視覚障害を告白

フジテレビ・生田竜聖アナが視覚障害を告白! 明かされた苦労に「さすがプロ」と評価高まる

文=日刊サイゾー

フジテレビアナウンサー公式サイト アナマガより

 フジテレビ・生田竜聖アナウンサーが自身のインスタグラムで色覚多様性(色覚異常)であることを告白した。

 色覚多様性は、赤・緑・青の3色を感じる3種類の細胞が十分に機能せず、「色」を捉えづらい(もしくはまったく識別できない)という視覚障害の一種だ。日本人男性の20人に1人程度(女性の場合は200人に1人程度)いるとされているが、生田アナはこれに該当するといい「赤と緑が区別しづらいそうです。でも他の色も正直区別できないです」と説明した。

 生田アナといえば、2011年のフジテレビ入社時にはジャニーズ事務所に所属する生田斗真の弟であることが大きな話題を呼んだ。12年には5歳年上のフジテレビ・秋元優里アナと電撃入籍を果たし第一子を授かるも、その6年後に秋元の不倫疑惑が報じられ離婚。何かと話題に事欠かない人物だが、人知れず苦労も多かったようだ。

「生田アナは、ユニホームの色によって見極めが必要なスポーツ実況なども難しいと明かしていましたね。入社時には『兄貴(生田斗真)のコネだ』と揶揄されていたし、フジのエースだった秋元アナと結婚した時も『格差婚だ』なんてイジられていましたけど、何を言われても飄々としていて打たれ強い印象でした。今思えば、元来の苦労人だからこそ、そんじょそこらのことでは動じなかったのかも」(キー局関係者)

 続けて、生田アナは紅葉のよさについてもまったくわからないと述べ、「『紅葉シーズンですねぇ』と秋になるとニュースなどで言っていますが、生田は心が全くこもっていません。笑」とユーモアを交えた文面をインスタグラムのストーリーに投稿した。これに対し、「番組を見ていてもまったく気づかなかった! プロってすごい!」「生田斗真の弟だとしか思ってなかったけど見直した」などSNS上でも反響を呼んでいる。今年でアナウンサー歴9年目となる生田アナ。ハンデを物ともしないユーモアとアナウンサー力で、今後めきめきと支持率を上げていくかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/28 09:50

フジテレビ・生田竜聖アナが視覚障害を告白! 明かされた苦労に「さすがプロ」と評価高まるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

「企画はシンプルなほうがいい」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真