日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 日テレ桝アナvs藤井アナ

日テレ・藤井アナウンサーの好感度急上昇で桝太一アナは評価ダダ下がり! 新型コロナ報道で明暗

文=日刊サイゾー

日テレ・藤井アナウンサーが新型コロナ報道で好感度爆アガリ! バラエティに染まりすぎた桝アナお株を奪われるの画像1
日本テレビ公式HPより

 テレビでは日夜新型コロナウイルスに関する報道が盛んだが、夕方のニュース番組『news every.』(日本テレビ)でメインキャスターを務める藤井貴彦アナウンサーの好感度が爆発的に上がっている。

 藤井アナはこのところ続く新型コロナウイルス関連のニュースを読む際に、必ず視聴者へ向けてねぎらいと気遣いの言葉を添えるのだが、これが「心に染みる」と評判だ。例えば、4月17日の放送で「東京都で過去最多201人の感染を確認」というニュースを伝えた際には、「過去を変えることはできませんが、まだ2週間後の未来を変えることはできます。希望のあるうちにぜひご協力をお願いします」と明言し、力強く自粛を訴えた。

 さらに20日の放送では「今、緊急事態宣言を受けて自分を律している人ほど、観光や遊びに出ている人を腹立たしく思うかもしれません。しかし、みなさんのような人たちがいるからこそ、欧米のような医療崩壊を防げています」と熱弁を繰り広げたのだ。

 感染者数報告という緊張感のある報道が毎日続く中、藤井アナのこうした呼び掛けはじわじわと視聴者の心をつかんでおり、SNS上では「藤井アナの穏やかで力強い言葉が響く」「視聴者の思いを代弁してくれている」といった声が続出。この大反響の理由について、テレビ局関係者はこう分析する。

「自粛期間ということもあり、普段見ない時間帯のニュースを家で見る人が増え、これだけの反響を呼んでいるのかもしれません。3月から欠かさず視聴者へのねぎらいと自粛のお願いを伝え続けてきた藤井さんの根気の賜物ですね」

 藤井アナは1994年に日本テレビに入社、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』などバラエティ番組で活動することも多かったが、入社16年目にして『news every.』のメインキャスターに就任。以降、10年間同番組でアンカーマンとして立ち続けている。日テレの男子アナウンサーの中では同期でフリーに転身した羽鳥慎一や、後輩の桝太一に比べれば地味な印象が拭えないが、前出のテレビ局関係者は「実力でいえば藤井アナが一番」だと語る。

「羽鳥さんや桝さんなど、スターのような扱いを受けている人たちと比較すれば少々影が薄かったかもしれませんが、純粋に原稿を読む力、伝える力でいえば藤井さんのほうが断然優れていると思います。有事の際にはそれが如実に表れる。桝さんも朝の帯番組『ZIP!』で新型コロナに関するニュースを読んでいて、アナウンス力も悪くないんですが、いかんせんバラエティに出演しすぎているせいか、緊張感に欠ける(苦笑)。藤井さんの緊張感がありながら、威圧感のない伝え方がちょうどいい塩梅なのかもしれません。特に、コロナ疲れを起こしているような視聴者には響くものがあるんでしょうね」

 毎年12月に発表されるオリコンの「好きな男性アナウンサーランキング」などには、なかなか名前が上がらなかった藤井アナだが、アナウンス力という確かな武器に磨きがかかった今、「人気ランキング」では測れない“本当の評価”が集まり始めているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/21 10:00

日テレ・藤井アナウンサーの好感度急上昇で桝太一アナは評価ダダ下がり! 新型コロナ報道で明暗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

リアル記憶喪失体験マンガ

 マンガではよく「記憶喪失」、つまり主人公や...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真