日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 河井案里、不倫疑惑を他誌はスルー?

「河井案里に3人のセフレ」と新潮報道 他誌は現金握らされ、スルー!?

文=伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

河井あんりオフィシャルサイトより

 公職選挙違反疑惑が直撃している自民党の河井案里参院議員に、今度は“下半身スキャンダル”が噴出した。今週発売の「週刊新潮」(新潮社)に「『河井案里』に3人のセフレ」という衝撃的なタイトルの記事が掲載されたのだ。

 記事によると、広島地検による公選法違反容疑での捜査が、醜聞発覚の発端だったという。

「秘書ら3人が同容疑で逮捕されたことを受け、案里氏は3月に滞在先のホテルで広島地検の家宅捜索を受けています。この時、地検が証拠品として押収したものの中に、案里氏の携帯電話が入っていた。通信内容の解析を進める中で、3人の男性と親密なやりとりをしていることが判明したのです」(地元放送局記者)

 新潮はこの「3人」の素性について、捜査関係者のコメントとして「“広島県政のドン”とも呼ばれた県議会の議長経験者」「県議会議員の当選同期」、さらには「元公設秘書」と匿名で報じている。同誌はそれぞれの人物を直撃し、事の真相を確かめているようだが、実はこの記事が出る前、地元マスコミや警察関係者の間では、単なる下半身のスキャンダルでは済まない不穏な情報が流れていたという。

「実は、このネタは新潮以外の週刊誌もキャッチしていたというのです。記者が現地入りして取材をしていたようですが、なぜか報じたのは新潮のみだった。お蔵入りになったのは、3人のうちの一人と“密約”があったからではないかという話が出ています」(前出の記者)

 一体どういうことなのか?

 広島の政界事情に詳しい警察関係者が声を潜めてこう明かす。

「案里議員のお相手とされる一人の親族に、法曹関係者がいるそうです。その親族が、週刊誌側と交渉して記事を出すのを止めさせたという話です。両者の間で数千万円単位の金銭のやりとりがあったといううわさも出回っており、県警も、事の真偽も含めて状況を注視しているといいます」

 金銭を受け取ってネタを引っ込めたとすれば、それはブラックジャーナリズムそのものであり、週刊誌側も批判されるべきだろう。しかし、初当選した昨年7月の参院選の公示前に、自民党本部から1億5,000万円という異例の資金提供を受けていた金回りのいい案里氏だけに、「さもありなん」である。

 一方、広島地検による案里氏の捜査には、安倍晋三首相が強行した黒川弘務東京高検検事長の定年延長問題が関係しているともっぱらだ。「モリカケ問題」の事件化を阻止するなど官邸に従順な黒川氏を検察トップの検事総長に据えることで、検察の掌握をもくろむ「官邸側」と、司法の独立性を死守しようとする「検察側」との暗闘が、案里氏捜査の背景にあるとされる 。

「案里氏のホテルでの強制捜査も、情報がいち早くメディア側に漏れていた。なんとしても案里氏を立件したい検察側が、積極的に情報をリークしているとの見方も出ています。官邸側も対抗して捜査を妨害するような情報を流そうと躍起になっていますから、今後もさらに情報戦が過熱すると思われます」(公安情報に詳しいジャーナリスト)

 次に飛び出す爆弾は何か――?

伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

1980年生まれ。在京新聞社や週刊誌を十数年渡り歩き、フリーのルポライターとして活動。犯罪や貧困問題などを精力的に取材している。

最終更新:2020/05/02 16:30

「河井案里に3人のセフレ」と新潮報道 他誌は現金握らされ、スルー!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』レビュー

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロ...…
写真
インタビュー

望月歩、月9『朝顔』で存在感見せる

 今年、大河ドラマ『麒麟がくる』や、連続テレビ小説 『エール』に抜擢された望月歩は、...
写真