日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > 再放送で『恋つづ』の評価が激変!
テレビ辛口研究所

大ヒットから一転……『恋つづ』スピード再放送で評価が激変! 熱狂的ファンからも「気持ち悪い」の声

文=日刊サイゾー

王道恋愛ドラマヒットも束の間……

 事実、コロナの影響で見方が変化した視聴者は多数いるようで、Twitter上にも以下のようなつぶやきが散見された。

「恋つづコロナが今ほど流行する前に撮影終わって良かったな あれ超超超濃厚接触よ」

「恋つづが4月スタートだったら、ドラマ成り立たなかった、濃厚接触多いものね 」

「恋つづさぁ、コロナ流行る前でほんっと良かったなぁ 今だったら、ちょっ!それは!濃厚接触過ぎやしませんかっっ!てなりますもんね」

「恋つづ、これワンクール遅かったら、コロナで大変な医療現場で好きだ嫌いだの恋愛脳で濃厚接触しまくりなんて不謹慎なんだぁー!ってなったかもな?」

 リアルタイムからの立て続けの再放送によって「冷めた」「気持ち悪い」などといったネガティブな声も出ているとはいえ、『恋つづ』の放送時期は、確かにギリギリセーフのラッキーなタイミングだったろう。

 前出のライターは言う。

「コロナ禍の影響で起こる“人と人との距離感”の変化と、それに対する生理的な感じ方の変化は、今後のドラマ・映画などのフィクションにも少なからず影響を与えるのではないでしょうか」

『恋つづ』により、久しぶりの王道恋愛ドラマがヒットしたのも束の間で、今後、ますます恋愛ドラマが作りにくい時代が来るかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/11 15:01
12

大ヒットから一転……『恋つづ』スピード再放送で評価が激変! 熱狂的ファンからも「気持ち悪い」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテク

 ”大喜利お姉さん”として新たなファン層を獲得しているセクシー女優の深田えいみ。発売...
写真