日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > さんまがリモート出演に持論

さんまがバラエティ番組の“リモート出演”に持論を展開

文=日刊サイゾー

明石家さんま

 お笑い芸人の明石家さんまが、現在、テレビ出演者らが直面しているリモート出演に持論を展開した。吉本興業随一の“お笑い怪獣”はテレビ界の現状をどう見ていたのか。

『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)、『お笑い向上委員会』(フジテレビ系)などトークバラエティー番組でMCを務めることが多いさんまだが、政府から緊急事態宣言が発出している影響もあり、不要不急の外出自粛のためバラエティー番組における収録にも影響が出ている。先日、自身が出演する『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、自身の見解としてリモート出演するタレントにも「上手い、下手がある」と触れた。特に難しさを感じたのは“間”ができることだといい、視聴者が思う少し前に「ツッコみを入れるのが実はベスト」と種明かしをした。

 お笑い関係者は「意図的に早め、遅めに緩急を使いながらツッコミを入れられるのは、さんまさんが長年、MCを務めながら鍛え上げた話術があってこそ。“通常収録”ではないなかでも、それができるのはさすがと言わざるを得ない」と最敬礼する。

 だが、これが芸人MCにおける「生き残りの線引きにもなる」と指摘。

「今までは回しを軸にやっていれば、ある程度番組は成立している側面もありましたが、リモート出演はタレント本人がその場にいませんから。彼らがどうすれば一番オイシく輝けるかを考えなければならない。そこにはツッコミの間の他にも、例えば触れてほしい話題をどこでツッコむのかや、そもそもリモート出演の場所でボケられるようなフリができるかなど。より俯瞰的に番組やタレントを観察できる能力が求められるでしょう」(同)

 淘汰されるか、生き残るか。お笑いサバイバルレースは続いていく。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/14 10:30

MC芸人もサバイバル!? さんまがバラエティ番組の“リモート出演”に持論を展開のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

瓜田純士、ネットリンチに物申す

 恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが急...
写真