日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレ朝報ステ、検証報道の難しさ

テレ朝『報道ステーション』、生き残りを図るも「実態、検証報道」の難しさが露呈

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 富川悠太アナウンサーら出演者、スタッフが罹患したニュース番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)。いまだに矢面に立たされているが、生き残る道はあるのか。

 15日放送分ではフリーアナウンサー・赤江珠緒氏の夫で同番組の総合演出担当を務める伊藤賢治氏が、自らカメラを回して闘病を記録した模様をオンエア。PCR検査で陽性判明後、「アビガン」や関節リウマチの治療薬「アクテムラ」の投与を受ける様子などが分かった。この日、キャスターを務めた小木逸平アナウンサーからは「スタッフの距離が、保てていたかなど、反省する部分はある」とした。

 同局関係者は「報道番組でメインキャスターの富川アナが罹患した影響はすさまじく、すでに退院しているが、いまだに番組復帰には至っていない。番組はもちろん、局としての信用、信頼も著しく低下させた案件だけに、この先もずっと報道番組として生き残れるかは正直、かなり難しい部分があると思う」と指摘する。

 そこで生き残り策として挙げるのが、今回のような「実態、検証報道」だという。

「今回の場合は番組スタッフが世界中で直面しているウイルスの怖さや治療の難しさを全国ネットの番組で出せたことは、非常に意義があると思います。今後も、そういった実態や、検証報道を例えば月に1度でもコーナーを設けて真摯に取り組めるか。ここにかかっていると思う」。だが、同局をはじめ現在は「どの報道番組も細かく班を分けて制作している体制を取っているため、時間がかかる企画になかなか力を入れにくい部分はある。そこもクリアしていかないといけないのは大変ですけど…」(同)

『ニュースステーション」』から受け継がれたテレ朝の報道枠は守り切れるのか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/18 06:30

テレ朝『報道ステーション』、生き残りを図るも「実態、検証報道」の難しさが露呈のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真