日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『フリダン』MC漢のバトルは選外?
『フリースタイルダンジョン』レビュー

『フリースタイルダンジョン』いとうせいこうが選ぶ名バトルで振り返る番組史 MC漢のバトルは選外?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日/AbemaTV)

 5月12日の『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)。ホッとした。審査員の漢 a.k.a. GAMIが逮捕されてから最初のダンジョンが、休止にならず無事に放送されたのだ。

 今回は、「審査員長いとうせいこうが選ぶフリダンの歴史を変えたBEST BOUT 8選」である。こうやって、昔のバトルをあらためてちゃんと見られるのはうれしい。懐かしさに泣ける人もいるだろうし、ダンジョン歴の浅い人にはありがたい企画でもある。気づけば、この番組も始まってもう5年なのだ。

旗を持ち、山車に乗って登場するT-Pablow

 せいこうはまず、栄えある番組のオープニングマッチとなった一戦T-Pablow(てぃー・ぱぶろ) vs Dragon One(どらごん・わん)を挙げた。

「このレベルでやるのなら絶対伝わるなあと、審査員としても思った」(せいこう)

 確かに、いま見てもレベルはクソ高い。そして、若い! 何しろ、2015年9月のバトルなのだ。あと、初期の狭い会場の雰囲気がすごくいい。収録が新木場ageHaに移ってから、番組の雰囲気は少し変わったように思う。

 さらに懐かしいのは、旗を持って山車に乗って現れる登場シーンだ。とにかく、ダサかった。

せいこう「あれはZeebraの発案なの?」

Zeebra「いや、あれ俺じゃないすよ!」

せいこう「怪しいんだよ!(笑)」

サ上「ちょっと、責任逃れしてるじゃないですか、それ」

 責任を押し付け合うやりとりに笑ってしまうが、真相はこうらしい。

「“MCバトルを民放でやりましょう”となったとき、どのくらいのさじ加減でバラエティにはめていくべきなのか。そこで(スタッフからの提案に対し)“それはNG”とつまらないことばかり言ってたら“こいつら、何もチャレンジしてくれない奴らだな”ってなっちゃうじゃないですか。それはまずいなと思って。チャレンジするのが俺じゃなくて、すごい申し訳ないんだけど(笑)」(Zeebra)

 つまり、山車の登場はZeebraもモンスターも審査員も、全員違和感を持っていたということ。しかし、T-Pablowが旗を持ち山車に乗って登場するなんて、今だったらとても考えられない。

123

『フリースタイルダンジョン』いとうせいこうが選ぶ名バトルで振り返る番組史 MC漢のバトルは選外?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

『鬼滅の刃』のプロデュースワークの巧みさ

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真