日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 日本サッカー界“最大のタブー”

JFA腐敗の原点だった!? 日本サッカー界“最大のタブー”「腐ったみかん事件」

文=TV Journal編集部

JFA公式サイトより

 80年余りの歴史があるプロ野球には、芸能界と同じようにスキャンダルが付きまとう。不倫は当たり前で、そこに薬物、賭博も加わる。巨人の原辰徳監督に至っては過去、不倫を公にされたくないがために、暴力団に1億円を払ったとも報じられた。

 そんなプロ野球に対し、プロ化してわずか27年のサッカー界でのスキャンダルはあまり聞かない。週刊誌やワイドショーを騒がせたのは、現役を引退し、ほぼタレントとなった前園真聖の「泥酔タクシー暴行事件」くらいだろう。

 そんな中、忘れてならないのが、日本代表監督人事をめぐる、日本サッカー協会(JFA)内部のバトルだ。

 悲願のW杯出場を逃した「ドーハの悲劇」後の1995年秋、日本代表は再び苦しんでいた。ファルカン監督は、未来を見据えて若手を大量に招集し、さらに世界で戦える戦術を用意したが、すぐには浸透せず。選手たちの不安をJFAがそのまま受け取ってしまい、熱戦の末に敗れた韓国戦を最後に、クビにしてしまった。

 そして、「日本人監督のほうが日本人をわかっている」ということで加茂周監督を就任させるが、メンバーも戦術もファルカンの劣化版。唯一の良さは、日本人のレベルに合わせた戦術を用意できることだが、それでは限界があった。

 危機感を覚えたJFA技術委員が、「Jリーグで結果を出した監督を使うべき」と、ネルシーニョ監督への交代をJFA幹部に迫った。

 誰もがネルシーニョ日本代表監督が誕生するかと思いきや、JFA幹部の独断で加茂監督続投が決定。これに反発したJFA技術委員は総辞職し、ネルシーニョは「JFAに代表監督を選ぶ権利はあるが、おふざけをする権利はない。ナガヌマ(長沼健)、カワブチ(川渕三郎)は嘘つきで腐っている。残念ながら、箱の中には必ず『腐ったみかん』があるものだ。」と、JFAをバッサリと切り捨てた。

「当時、JFA会長だった長沼健氏が大バッシングされましたが、長沼氏は決して独裁者ではなかった。日々レベルアップしている現場を知らなかっただけなんです。だからこそ、現場をよく知る技術委員がいるわけですが、長沼氏は彼らの声に耳を傾けず、自身の出身でもある大学サッカー界の重鎮から評判が高かった加茂氏を選んでしまった。

 この時にJリーグ経験者である技術委員の意見が通り、彼らがそのままJFA幹部になっていれば、JFAは現在のようなコネ入社組織にはなっていなかったと思います。長沼氏も、その後の会長を務めた岡野俊一郎氏も、会長を退いてからはJFAの運営に口出ししていないので、彼らには責任はありません。ですが、この95年に今の流れができてしまったようにも思います」(サッカー関係者)

 この時に代わりに技術委員になったのが、後に会長まで上り詰めた大仁邦彌氏である。加茂監督が力及ばず辞任となった後も、大仁氏らは責任を取っていない。

 15年に当時の日本代表監督のアギーレに八百長疑惑が報じられると、JFAはよく調査もせず、すぐに解任に動く。18年には、解任した日本代表監督のハリルホジッチに訴えられるなど、いまだに「腐ったみかん」の流れを引きずっている。そういえば、13年にセクハラを訴えられた田中道博専務理事、17年にセクハラでクビになったJリーグの中西大介常務理事も、上に取り入って出世したタイプである。

12

JFA腐敗の原点だった!? 日本サッカー界“最大のタブー”「腐ったみかん事件」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

 注目芸人を集めた『ツギクル芸人グランプリ2019』(フジテレビ系)で優勝を果たし、...
写真