日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > YouTubeウォッチ!  > エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ
YouTubeウォッチ!

不謹慎YouTuberがついに訴えられる? 「エガちゃんねる」スタッフ離脱によからぬウワサ……

文=ニック

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近起こったYouTube関連の出来事について語るコーナーです。

 

『テラスハウス』公式サイトより

木村花さん訃報をちゃかした不謹慎YouTuberが裁判沙汰に?

YouTubeライター・ニック(以下、ニック) 今週のエンタメ界隈のニュースは、女子プロレスラー・木村花さんの訃報一色になったね。

新米編集者・ウイリー(以下、ウイリー) 誹謗中傷した“アンチ”への法的措置、テラハ制作サイド、フジテレビへの責任追及、SNSのあり方、リアリティショーの限界……一人の女の子の死をきっかけに、いろんな問題が提起されていますよね。

ニック そんな中、また湧いてきててさ、“不謹慎YouTuber”が……。

ウイリー またですか……。確か、志村(けん)さんとか岡江(久美子)さんの時も、似たような連中が湧いてましたよね。志村さんの訃報を喜ぶような内容の動画を上げたり、岡江さんの息子を名乗ったり。

ニック そうそう。そういう輩が、また今回も「木村花の元カレです」とか「兄貴です」とか名乗って登場してるんだけど、特に悪質なのが「坂口章」っていうYouTuberなんだ。

ウイリー どんな動画上げてたんです?

ニック うん。この人、何度も木村さん関連の不謹慎動画上げてるんだけど、特に「プロレスラー木村花が死んでくれて祝杯」って動画で、高評価1,100、低評価5.5万(5月29日時点)の大炎上を起こしたんだよね。その後に投稿した「プロレスラー木村花が死んでくれて祝杯した者です。木村花さんの遺族、関係者各位、ファンの皆様、大変申し訳ありませんでした」って動画では謝罪すると見せかけて、「あんまり(謝罪)したくないですね~」って、全然謝ってなくてさ。で、27日公開の動画では「遺族から訴えられた」と発表したんだけど、「前科も付かない、懲役付かない、だから毅然とした態度をとればいいと思います」ってヘラヘラ持論を述べてるんだよね。まぁ、訴えられたこと自体、うそっぽいんだけど。

ウイリー 話を聞くだけで胸糞悪くなりますね……。

ニック さらにもうひとつ、見過ごせない問題があって、この坂口章って人、前は「広島のリトルボーイ」っていう名義で、同じような不謹慎動画を連投してて、今年1月に垢BAN食らってるんだ。つまり“再犯”なわけ。

ウイリー マジですか! てか、YouTubeの運営って何してるんですかね? こういうの取り締まるのが仕事じゃないんですか!?

ニック いやほんとに。人の死をちゃかした動画を投稿した輩に対しては、アカウント永久停止にするとか、プラットフォームの品位を傷つけたとして賠償請求するとか、なんらかの厳しい罰則を設けるべきだと思うんだけど……。じゃないとこれ、有名人が誰か亡くなるたびに、永遠に繰り返されるよ。

123

不謹慎YouTuberがついに訴えられる? 「エガちゃんねる」スタッフ離脱によからぬウワサ……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真