日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 三吉彩花、春馬の次は竹内涼真

三吉彩花、三浦春馬の次は竹内涼真と熱愛!? 有望俳優を次々と落とす生粋のツンデレパワー

文=日刊サイゾー

 写真週刊誌「FRIDAY」(2020年6月12日号/講談社)が報じた竹内涼真と三吉彩花の半同棲交際。記事では、竹内のマンションに出入りする三吉の姿のほか、2人で買い物やドライブデートを繰り返す様子が伝えられている。

「共演者との噂が絶えない竹内なので、“またか”という印象はあります。ただ、もっと気になるのは三吉のほうです。“またいい男をつかまえたな”という印象です」(芸能事務所関係者)

 過去に三浦春馬との熱愛疑惑が浮上したこともある三吉。ほかにもジャニーズの人気タレントとの噂も立つなど枚挙にいとまがない。

「三浦春馬の後が竹内涼真ということで、かなりの“大物食い”というイメージになっています。“もはやプロ彼女なのでは?”なんてことをささやく関係者もいます」(同)

 三吉は小学生の頃からモデルとして活動し、2010年から12年まではアイドルグループ「さくら学院」のメンバーとしても活動した。その後は、本格的に女優活動にも挑戦している。

「幼い頃からクールビューティー系。『さくら学院』では、最初から最年長だったということもあり、姉御肌でした。後輩メンバーたちからは畏怖の念を抱かれていました」(アイドル雑誌関係者)

 性格は当時からサバサバ系。大人のスタッフとはうまくコミュケーションをとっていたという。

「アイドル活動をしていた頃は中学生だったんですが、ほかのメンバーと比べると見た目も中身もかなり大人っぽかったです。スタッフからすれば、まあまあ話しやすかったと思います。でも、少々さめたように見えていたのも事実です」(同)

 14年から17年までは日本テレビ系『メレンゲの気持ち』でサブMCを務めた。

「トークはあまりうまいほうではない。サービス精神にあふれるタイプでもないので、正直あまり印象に残っていません。バラエティー路線は失敗でしたね」(テレビ局関係者)

 完全にクール路線を進んでいる三吉だが、恋人の前では必ずしもそうではないという。

「仕事場ではツンツンしているように見えるけど、裏では結構デレデレらしいです。まさにツンデレそのもの。大物俳優たちを次々と落としていく理由がそこにあるのかもしれません」(同)

 芸能界の新たな恋多き女、三好彩花。その伝説はまだまだ塗り替えられていくのでは?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/05 06:30

三吉彩花、三浦春馬の次は竹内涼真と熱愛!? 有望俳優を次々と落とす生粋のツンデレパワーのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

菅義偉内閣では何も期待できない

今週の注目記事・第1位「菅義偉『親密企業』が...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真