日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 竹内涼真、ホリプロへの忖度記事

悪いのは吉谷彩子のほう!? 竹内涼真「週刊女性」のイメージ回復記事はホリプロへの忖度か

文=日刊サイゾー

ホリプロ公式サイトより

 イメージ回復に事務所が動いた?

 6月9日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、竹内涼真と吉谷彩子の破局に関する記事を報じた。

「竹内といえば、先日の『FRIDAY』(講談社)にて女優の三吉彩花との熱愛が報じられたばかり。その際、元カノの吉谷に借りていた約100万円を踏み倒そうしてトラブルになったこと、同棲するマンションから追い出したことなどが報じられていました。しかし、『週刊女性』の記事では、金銭トラブルといった大袈裟なものではなく、2人で犬を購入した際に吉谷が料金を立て替えた程度だったとのこと。また、吉谷は気性の激しい性格で、竹内が多忙で相手にしてもらえないなどでイライラが限界に達すると、ベッドカバーをハサミで切るなどの“事件”が起きていたとのこと。そんな吉谷に竹内が耐えられなくなったのが破局の真相だったかのように伝えています」(週刊誌記者)

「FRIDAY」の記事により、ネット上では「乗り換え」「ポイ捨て」「共演者キラー」「せこい男」など、竹内のさわやかなイメージが失墜するようなワードが噴出していたが、今回の「週刊女性」の記事は、竹内ファンに「悪いのは吉谷」の印象を植え付けた格好だ。

「『週刊女性』を発行する主婦と生活社はアイドル誌『JUNON』を抱えており、これまで同誌のコンテストからは誕生した多数のジュノンボーイがホリプロに所属するなど両社は親密な関係。2015年には名物マネジャー・南田裕介著の『ホリプロ南田の鉄道たずねて三千里』まで発行されているほど。ホリプロへの忖度で擁護記事を出した可能性は拭えません」(前出・芸能記者)

 主演ドラマ『テセウスの船』(TBS系)の好演で中高年層からの支持も得た竹内だが、もはや清廉な印象は皆無か?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/11 06:00

悪いのは吉谷彩子のほう!? 竹内涼真「週刊女性」のイメージ回復記事はホリプロへの忖度かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真