日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > プロ野球の“外出禁止令”

開幕直前に巨人2選手が陽性反応、プロ野球の“外出禁止令”で割食っている意外な業種とは?

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 巨人の坂本、大城2選手が新型コロナウイルスの抗体検査で「微陽性」と先日判明したことを受けて、6月19日の公式戦開幕を前に12球団全選手、スタッフがPCR検査を受けることに決まったプロ野球界。現在は各地でオープン戦にあたる練習試合が繰り広げられているが、現場のストレスは高まる一方だ。

 試合は無観客で行われており、これは当面続く見込みだ。

「現場では声援がない分、誰が声を出してどんなプレーをしているかつぶさにわかる。開幕までの調整も難しい中で、こうした新たな“判断基準”で開幕1軍に残れるか、選手たちもピリピリしている」(スポーツ紙野球デスク)

 それでも、本来ならユニホームを脱いだ後のプライベートな時間で合コンに明け暮れるなど“息抜き”でバランスを取るのだが現在は「それすら叶わない状況」だという。

「巨人の件もそうですし、野球選手は集団生活をしていることもあり感染防止の面ではかなり厳しい。球団によっては、外出はおろか外食も禁止、遠征中はコンビニへの出入りも制限されるなど、高いハードルを設定しているところもあります」(テレビ局スポーツ番組スタッフ)

 この状況で、割を食っている意外な業種がある。

「六本木や西麻布などで、プロ野球選手をメインに商売をしているカラオケバーですね。現在、東京都では“夜の街”でも営業自粛が続いていますが“個室”で遊ぶことが多いプロ野球選手はおのおの『店を開けてくれ』『女の子準備できる?』などとこっそり連絡しています。ただ、店側も感染リスクはもちろん、こんなことが週刊誌などで報じられた場合、かなりのダメージを受けるので、及び腰なんです。そのため、そうした店は“開店休業状態”が続いているんです」(同)

 酒、女の子のドリンク代、個室チャージなどを含めれば「6人程度で遊んだ場合、20~30万円近くの支払いが相場」というだけに、野球界にぶら下がって生活している人々もコロナ禍が収まる日を心待ちにしているのだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/13 10:00

開幕直前に巨人2選手が陽性反応、プロ野球の“外出禁止令”で割食っている意外な業種とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

志らく「選挙に行かない若者」を突き放す

 7月5日、日曜日は東京都知事選挙。選挙が近...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真