日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 箕輪氏コンサル先で強制わいせつ

箕輪厚介氏の本当のビジネス能力は? 今度はコンサルする企業で“強制わいせつ事件”

文=日刊サイゾー

「死ぬこと以外かすり傷」(マガジンハウス)

 女性ライターへのセクハラ問題で大炎上した幻冬舎の名物編集者の箕輪厚介氏がまたも、渦中の人となっている。

 ベビーシッターマッチングアプリの大手「キッズライン」が、男性シッターの新規予約受付を一時停止すると今月4日に発表。同サイトはベビーシッター・キッズシッターと利用者をマッチングさせるサービスを展開しているが、同サービスに登録していた男性シッター2名が保育していた男児の下半身を触ったとして。強制わいせつ容疑で逮捕されていたことが明らかになった。実は同社を創業以来、コンサルティングしているのが、かの“天才編集者”箕輪氏だった。

 同社は元シッターの逮捕を受け、「弊社としましては、国や自治体との性犯罪データベースの共有が実現することや、安全性に関する充分な仕組みが構築されるまで、また、専門家から性犯罪が男性により発生する傾向が高いことを指摘されたことなどを鑑み、男性サポーターのサポート(家事代行を除く)を一時停止することといたしました」などと説明。ざっくり言えば、加害者の男性は小児性愛者で、見抜くことができなかったという。

「同社の管理が杜撰だったということ。箕輪さんはテレビの密着番組でもキッズラインを紹介し、ベタボメしていた。彼もまた2児の父ですが、今回の事件を受けて何を思うのか……。金儲けに走り過ぎていたのではないか」(週刊誌記者)

 箕輪氏が犯罪を起こしたわけではないが、ともに「セクハラ」がキーワードなのは何の因果か……。編集者だけはなく、コンサルタントしても無能であることがバレてしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/18 06:45

箕輪厚介氏の本当のビジネス能力は? 今度はコンサルする企業で“強制わいせつ事件”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、瓜田純士が夫婦名義で新曲を作った。タイトルは「...
写真