日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ラルクhyde、手越炎上に油そそぐ

ラルクhyde、炎上中の手越祐也を援護射撃!「部外者が余計なこと言わないで」「ジャニオタうるさい」ファン同士も争う地獄の展開

文=日刊サイゾー

ラルク hyde、炎上中の手越祐也を援護射撃!「部外者が余計なこと言わないで」「ジャニヲタうるさい」ファン同士も争いにの画像1
ツイッター:手越祐也(@YuyaTegoshi1054)より

 6月19日付でNEWSを脱退し、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也。そんな手越が、事務所との契約終了の発表をしてから数時間もたたない内に公式ツイッターを開設し、さっそく批判に晒されている。

 というのも、手越が「ティッ!!スーパーポジティブ人間手越祐也です!よろしくお願いします♪」という陽気なプロフィールを載せたツイッターを開設する最中、残されたNEWSのメンバーによる謝罪動画がファンクラブで公開されていたのだ。

 神妙な面持ちで並んだ小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久は、手越の脱退についてそれぞれにコメント。小山は「NEWSとしての形を守り切ることができませんでした。自分の力不足を悔いています」と悔しさを滲ませていた。

 これにはファンから「3人が謝罪している中、呑気にツイッターやってる神経がわからない」「ファンの気持ちは置き去りにされてる」「もう絶対に手越は応援できない」と批判の声が相次いだ。

 そしてこの炎上の中、手越の援護射撃をしたのがL’Arc~en~Cielのボーカルhydeだ。hydeは自身のツイッターで手越の最初のツイートを引用リツイートし、「第二の人生楽しんで行きましょう!」と投稿。すると今度は「手越くんのためにコメントしてくれてありがとう」という声と、「手越のせいで悲しんでるファンがいるのに……」「余計なこと言うな」という批判の両方が押し寄せた。

 これにはhydeもまいってしまったのか、すぐに「たしかに悲しんでる人には軽率なツイートでした。ごめんなさい。」と謝罪するはめに。

 しかし火消しも虚しく、hydeのリプ欄はジャニーズファンとhydeファンの言い争いで地獄の様相を呈した。ウェブメディア編集者の話。

「手越くんはツイッターを開設して最速スピードで炎上しましたね、さすがです(笑)。手越くんとhydeさんは実際プライベートでも仲が良いそうで、hydeさんも純粋に友人の門出を祝っただけだと思うんですが、グループ脱退を悲しんでるファンからしてみれば許しがたい一言だったのかも。ツイッターは火種が火種を生んだりするから怖いんですよね。手越さんも、今後はツイッターを上手に使っていく必要がありそうです」

 退社から最速で活動を再開した手越だが、果たしてこのスピードにファンはついていけるだろうか? 今後の展開も見守っていきたい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/19 22:25

ラルクhyde、炎上中の手越祐也を援護射撃!「部外者が余計なこと言わないで」「ジャニオタうるさい」ファン同士も争う地獄の展開のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

伊集院光が麒麟・川島のファロースキルを絶賛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真