日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ポスト渡部建はパンサー向井慧?

ポスト渡部建に浮上!? パンサー向井慧、“MCタレント”には不向きな素顔

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 若手芸人の中でそのMC力が高く評価されているのが、パンサーの向井慧だ。不倫報道で活動休止となった、アンジャッシュ渡部建の後釜として期待する声も多い。

「渡部に比べると少々若く、イメージも異なりますが、渡部と世代が違う向井が継いだほうが、渡部色を払拭できるというメリットがある。それこそ、『王様のブランチ』(TBS系)などは、もともとパンサーもレギュラー出演していたし、新MCとして向井を押す声も聞こえていました」(テレビ局関係者)

 渡部の失脚で仕事を増やしそうな雰囲気の向井だが、当の本人はMC仕事にあまり興味がないという。

「『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“バラエティ観るの大好き芸人”という企画にも出演していましたが、向井は根っからのお笑い好き。バラエティ番組に対する思い入れがものすごくて、こだわりも強い。情報番組のMCにはあまり興味がなく、ゴリゴリのバラエティ番組に出続けることこそが、本人の願いのようです」(お笑い業界関係者)

 近頃パンサーは、テレビ朝日系『ロンドンハーツ』や日本テレビ系『有吉の壁』といった、“ゴリゴリのバラエティ番組”に出演することが多い。

「定番となっている尾形のドッキリ系企画はもちろんですが、パンサーの頭脳である菅と共に、ガッツリお笑いができている状況。特に『有吉の壁』では、尾形のリアクションだけでなく、司令塔である菅のボケのセンスにスポットが当たることも多く、向井としては理想的な笑いを体現できているんですよ。この状況を捨てて、渡部のような“MCタレント”になるという選択肢は考えていないようです」(同)

 そもそも、渡部はこだわりがないゆえに、多くの番組に起用されていたという。

「渡部は、アンジャッシュとしてのネタはしっかりやりますが、番組では能動的に動くタイプではなく、スタッフの指示通りに動くタイプ。つまり、こだわりがないので、スタッフとしても使いやすく、だからこそ多くのレギュラーを抱えていたんです。一方で、向井は完全に逆。自分の目指すお笑いがしっかりとあるので、渡部の後釜としてはちょっと難しい。それこそ、オファーが舞い込んだとしても、彼のほうから辞退するかもしれない。向井だったら余裕で渡部よりも面白いMCができるはずなので、ちょっともったいないんですけど」(同)

 ポスト渡部には、MC力が高い芸人ではなく、お笑いにこだわりがないタレントのほうが適任なのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/22 22:00

ポスト渡部建に浮上!? パンサー向井慧、“MCタレント”には不向きな素顔のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

【今週のコンビニ】梅雨を乗り切る系新商品

1年間に5000品超の新商品が並んでいる日本のコ...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真