日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > CM業界 厳しくなるのは秋以降

コロナ禍のテレビ業界、CM出稿は緩やか“回復傾向”も本当に厳しくなるのは秋以降?

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けているCM業界だが、徐々に“変化”も見え始めているという。

「相変わらず自局の番組宣伝、あるいは関連会社のCMが多い。要はお金にならないのを流していますが、CM枠が売れないのだからどうしようもない状況です」

 こう頭を抱えるのは在京テレビキー局の営業マン。現在は「キー局でコロナ前の6割程度、ローカル局になれば半分くらいしか売り上げは戻っていない」というが、4~5月頃は「8割、9割減」だったことを考えると、緩やかながら戻りつつある。

「夏場に向けての飲料水、消費財などのCMが入ってきたことと、飲食店も感染拡大予防に努めるというPRのCMなどを打ってるので、そういった部分が寄与していると思う」(同)

 その中で今、営業マンたちが期待を寄せるのが車関係者のCM出稿。「先日もトヨタが前向きな発表をしていましたし、日産は新車発表会を開催。CM単価もそうですが、車は1台売れれば儲けが大きいですから、うまくいけば大量出稿にもつながる。我々の世界では景気のバロメーターとして見る部分があります」と明かす。

 現状は先述した2社が「車業界では先行して売り上げを戻そうとしている感じ。残りの会社は番組スポンサーを降りる話があったり、新車CMがなかったりとまだまだ遅れている状況」(同)という。

 ただ、安心しきってもいられない。

「このまま緩やかに戻る流れがあれば、影響は1年限定とみなされるが、秋以降にまた同じような落ち込みがあれば、もっと厳しい状況になることは避けられない」(大手広告代理店社員)

 第2波、第3波が予想されるコロナ禍。今後の状況をCM業界も固唾をのんで見守っているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/30 12:00

コロナ禍のテレビ業界、CM出稿は緩やか“回復傾向”も本当に厳しくなるのは秋以降?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

アントニオ猪木「猪木といえば●●」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真