日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 篠原涼子、月9リベンジが困難に

篠原涼子、『ハケンの品格』早くも視聴率急落で“月9リベンジ”達成が難しそうな情勢に!?

文=日刊サイゾー

篠原涼子

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でテレビ各局の4月期ドラマの放映開始が遅れていたが、6月に入り続々と初回が放送されている。

 4月期の特徴としてはヒット作の続編が目立つが、日本テレビ系では篠原涼子主演で2007年に放送されヒットした『ハケンの品格』がスタート。ところが、初回の平均世帯視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好スタートを切ったものの、第2話は11.9%にダウン。このままだと1ケタに転落しそうだ。

「篠原演じる“スーパー派遣社員”が主人公の同ドラマ。2007年は視聴者の目にはまるで“ヒーロー”のようにうつったかもしれないが、それから13年の時が経ち、労働者全体の4割が非正規であることが社会問題となっている。派遣切りや派遣社員へのパワハラ・セクハラの常態化なども問題になっているだけに、視聴者からしたら『あんな派遣がいるはずない』と言うのが率直な感想。そのあたりを制作サイドは読み間違えてしまったのでは」(放送担当記者)

 篠原といえば、『ハケンの品格』以外には刑事役を演じた『アンフェア』シリーズ(フジテレビ系)がドラマ版から映画化されるなどヒットして代表作に。

 2児のママながら、おかげで女性たちの“カリスマ”的な存在となり、15年にいわゆる“おやじ女子”役でを演じた『ラスト シンデレラ』(同)は全話平均15.2%を記録。そこまでは勢いがあったのだが……。

「17年の10月期、平凡な主婦から政治家になり奮闘する主婦を演じた『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(同)で月9主演。ところが、全話平均6.7%で最終回が最低視聴率を記録するという大惨敗。そのため、篠原は月9の“リベンジ”を虎視眈々と狙い、満を持して『ハケン』のオファーを受けた」(日テレ関係者)

 主人公の超人的な仕事ぶり以外に、どう見どころを作るかが視聴率アップのカギとなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/01 06:30

篠原涼子、『ハケンの品格』早くも視聴率急落で“月9リベンジ”達成が難しそうな情勢に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真