日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『M』安斉かれん、新曲MVが爆死

あゆの恩恵は受けられず…『M 愛すべき人がいて』の安斉かれん、新曲MVの寂しすぎる再生回数

文=日刊サイゾー

エイベックス公式チャンネルより

 過剰なセリフと演出のオンパレードがウケているドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。浜崎あゆみの自伝的小説を原作に、歌姫・アユとプロデューサー・マサの恋愛模様を描いた本作だが、いよいよ物語も佳境に入っている。

 視聴率はそこまで高くはないものの、伊集院光がラジオで絶賛するなど、今期ドラマの中でも話題性はピカイチだが、アユを演じる主演の安斉かれんにはどうやらドラマの恩恵が行き届いていない様子。

 というのも、安斉の新曲MV『僕らは強くなれる。』が7月1日に公式YouTubeで公開されたのだが、この再生数が5万3000回(7月3日0時現在)と、かなりしょぼい数字を叩き出しているのだ。レコード会社関係者はため息をつく。

「仮にもドラマの主演女優ですから、もう少し話題になるかと思いきや……公開から間もないとはいえ5万回再生はちょっと寂しすぎますね。『M』ドラマ化の企画が持ち上がった時、最初は名のある女優さんも候補にあがっていましたが、エイベックスの『彼女を第2のあゆにしたいんだ!』という猛プッシュによって演技経験ゼロの安斉が起用された。ここのところヒット歌手を生み出せず、音楽事業が苦しいエイベックスにとって、安斉は肝入りのアーティストで、『M』をきっかけにドカンと売りたいはずだとは思うんですが……」

 ドラマの初回放送終了後は、安斉のあまりにたどたどしい棒読みの演技にツッコミが入りまくるなど、それなりに話題になっていたようだが、しかし回を重ねるごとに主演のはずの安斉の存在感はどんどん薄れていった様子。放送作家はこう語る。

「完全に田中みな実に食われてますもんね(笑)。珍妙な眼帯姿から繰り出される狂気的な芝居に、SNS上の話題も田中ばかりに集中している印象があります。こうした反応を受けてか、脚本家の鈴木おさむも『SNSの評判を参考にして台本を大幅に修正した』といったことを明かしており、ドラマ自体もますます田中推しになっている。これじゃ安斉の影が薄れるわけです」

 放送開始前には、マサのモデルとしても知られる松浦勝人の薬物使用疑惑が報じられるなど、話題に事欠かない『M』だが、安斉にとっては「大根芝居」の不名誉な評判だけが残る結果になってしまいそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/03 03:26

あゆの恩恵は受けられず…『M 愛すべき人がいて』の安斉かれん、新曲MVの寂しすぎる再生回数のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ドッキリの教科書になったワケ

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」とい...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真