日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 松浦氏が惨敗したアイドルデュオ

「ぜってぇ負けねぇ」マックス松浦が大惨敗した、あの有名女優もいたアイドルデュオ

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 今やネット上で話題を独占しているのが、浜崎あゆみの自伝小説を原作にしたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第4話の放送が延期となり、5月9日では第1話の“リミックスバージョン”が放送され、ドラマファンを「ロス状態」にさせている。

「ツッコミどころ満載の同ドラマですが、そのひとつが話題を呼んでいるのが、三浦翔平演じる“マックス・マサ”のカッコ良さ。モデルとなっているエイベックスの松浦勝人会長を美化しすぎているとの声も上がっているほどです」(テレビ誌ライター)

 劇中のマサは「ぜってぇ、負けねぇ」が口癖だが、実際、松浦氏がプロデュースしたアーティストは、浜崎以外にもEvery Little Thing、AAA、Do As Infinity、girl next doorなど、多くが成功を収めている。

 そんな松浦氏が手掛けながら、まったく日の目を浴びなかったユニットがあった。

「98年にデビューしたYURIMARIです。現在は女優として活躍する中村ゆりと友人の伊澤真理によるアイドルデュオで、1996年に開催された『ASAYAN』(テレビ東京系)のオーディションに合格し、結成されました。『バカPUFFY』のコンセプトで、サンプラザ中野が楽曲を提供しています。しかし、番組が大プッシュしたり、ビートたけしの番組のエンディングテーマ曲に起用されたりするも、デビュー曲のオリコン最高順位は69位。森永製菓のCMでは、松浦氏と共演するなどテレビ、CMにゴリ押しされ続けるも鳴かず飛ばずで、6枚のシングルと1枚のアルバムを発表し、1年ほどで解散しています」(週刊誌記者)

 中村はその後、映画『パッチギ』で注目を浴び、今や実力派女優として引っ張りだこ。放映中の日本生命のCM『笑顔が大好き篇』のお母さん役では、その演技力で視聴者の涙腺を崩壊させている。

 さすがの松浦氏も、中村がアーティストとして「神様に選ばれていなかった」ことは見抜けなかったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/11 06:00

「ぜってぇ負けねぇ」マックス松浦が大惨敗した、あの有名女優もいたアイドルデュオのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『表現の不自由展』の裏側

 今年開催された国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』に出店された『表現の不自由...
写真