日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > やべっちF.C.9月末打ち切り

ナイナイ矢部、テレ朝『やべっちF.C.』9月末打ち切りで、“1つの時代が終焉へ”

文=日刊サイゾー

ナインティナイン・矢部浩之

 お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之の冠スポーツ番組『やべっちF.C.』(テレビ朝日系)が8月で打ち切られることが判明した。

 一部メディアによると、海外サッカーの放映権が取れなくなったことが要因だというが、同局関係者は「他にも打ち切り要因はたくさんある」と明かす。

「まずは矢部のギャラ。日曜日の深夜帯で、全国放送とはいえ1本80万円はやっぱり高すぎる。しかも視聴率がいいかといわれたらそうでもない。海外サッカーの放映権以外にも局内で問題になっていたのは日本代表戦の放映権。あれがとても高額なんです。まあ、その分『やべっち~』などスポーツ番組では取材面で優遇されていたのもありますが、コロナ禍の影響でCMの売り上げもかなり落ち込みが激しい。金のかかるモノは一刻も早く切りたいのが本音です」

 当初は「東京五輪が終わるタイミングの今年9月末で打ち切りは内定していた」というが、五輪が延期となり来年夏まで1年間の延期の方針も見えてきたことなど、さまざまなことが影響していたという。

 矢部を支えた前田有紀、竹内由恵アナウンサーらは同番組で一気にブレイク。その後、フリーや退社の道を選び各々が活躍している。サッカー番組自体もライバル局のTBSで放送されている『SUPER SOCCER』は現在、系列7局しか放送されていない状況。矢部の番組がなくなることは、1つの時代が終焉を迎えたといっても過言ではない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/04 12:05

ナイナイ矢部、テレ朝『やべっちF.C.』9月末打ち切りで、“1つの時代が終焉へ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真