日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 岡村、相方の援軍仰いだ判断

ナイナイ岡村隆史、2週連続で“相方・矢部浩之”の援軍仰いだ判断と評価は?

文=日刊サイゾー

ナインティナイン・岡村隆史

 女性を軽蔑するような発言で大バッシングを浴びた、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が8日未明に放送された『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)に生出演。2週続けて相方の矢部浩之を“援軍”に仰いだ形となった。

 騒動直後の5月1日未明の放送回では冒頭約30分間を岡村1人でしゃべったが、その後“乱入”の形で矢部が登場。今回の件のみならず、岡村が「裸の王様状態」だった仕事現場での数々の言動を指摘した上で厳しく叱った。

 この日は冒頭から約10分後に矢部が登場。自ら明かしたコンビ不仲説の実情や、リスナーから次々と届いた2人の人間関係について赤裸々に語ったが、バラエティー番組制作スタッフやお笑い関係者の評価は割れている。

「相方が大ピンチに陥ったこともあり、救いの手を差し伸べたのはコンビとしても大きい。もちろん、矢部としては好感度が爆上がりしている。何より電波を通して2週にわたり“公開説教”をした効果は大きい。岡村もより現実味を感じて反省しているようだ」(お笑い関係者)

 だが、その一方で、こんな声も……。

「プライベートで岡村は矢部から“逃げ癖”があると指摘されていたが、結局のところ今回も『あ~』『え~』『う~』と放送事故寸前のような発言ばかりが目立って、1人で解決できていないわけです。もちろん、謝罪の言葉を何度も述べているというのはあるのですが、業界内で『結局、矢部がいないと何もできない岡村』というレッテルを貼られかねない。2人が思っている以上に、信用や信頼が落ちているとまだ気づいていないのかなと思ってしまう」(同)

「コンビで謝罪」という体を取ってしまった以上、今後は減っているコンビでの仕事をより強調した上で活動していく必要が出てくるが、果たしてうまくいくのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/10 10:00

ナイナイ岡村隆史、2週連続で“相方・矢部浩之”の援軍仰いだ判断と評価は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真