日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 鈴本美愉、欅坂時代の告白に批判

鈴本美愉、欅坂46時代の「無気力」告白に批判殺到でインスタ削除の非常事態に

文=日刊サイゾー

欅坂46公式サイトより(現在は削除)

 ファンとの絆は完全に崩壊したか?

 7月9日、元欅坂46・志田愛佳と鈴本美愉が、YouTubeチャンネル『鈴本愛佳のぶちゃらけ』の第2弾動画を公開した。今回、鈴本は動画の中で欅坂46を卒業した経緯について告白。その内容に多くのファンは眉を潜めたようで、コメント欄は辛らつな声で埋め尽くされることとなった。

「彼女はセカンドシングルをリリースした時にはすでに辞めたい気持ちがあったといい、その後も『全力を出せない』『パフォーマンスに力を入れられない』時期が続いたことで、気持ちを切り替えるために思いつきで留学を決意。それが『結果的に卒業ってなっちゃった』と明かしました。自身はアイドルに向いていなかったとも分析。そしてファンに対し、休業発表もしないまま留学という情報が表に出て、卒業に至ったことについても『申し訳ない』と心境を語っています」(芸能記者)

 そんな中、鈴本のインスタグラムが突然削除され、ファンを驚かせている。

「第2弾動画がアップされた日、突然、鈴本のインスタアカウントが消えたとファンの間で話題になりました。彼女は第1弾の動画にて、過去の恋愛話などの暴露トークをしたことで、アイドルファンから厳しい意見が殺到。さらに、第2弾でも年下の男と付き合っていたことや、留学先でカッコいい男に会ったことなど、オトコ話がメインとなっていました。

 そこに加えて、今回『無気力』告白まで飛び出したことで、応援していたファンがショックを受けたことは想像に難くない。実際、YouTubeチャンネルのコメント欄では批判が続出。欅坂時代の握手会での塩対応まで蒸し返される事態となっています。そのため、鈴本ファンからは『予想以上に批判が殺到してインスタを消したのかな』『削除するほどメンタルが追い込まれているのかも』『SNSが原因で木村花さんのようなことにならないことを願う』と心配する声が上がっています」(前出・芸能記者)

 鈴本は、暴露系YouTubeチャンネルを立ち上げたことを後悔しているのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/13 22:00

鈴本美愉、欅坂46時代の「無気力」告白に批判殺到でインスタ削除の非常事態にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真