日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 辻希美、誹謗中傷メッセージゼロ

アンチはどこへ!? 辻希美、YouTubeコメント欄を開放も誹謗中傷メッセージはゼロの怪現象

文=日刊サイゾー

辻希美

 元モーニング娘。のメンバーでママタレントとしても活躍中の辻希美が7月17日、自身のYouTubeチャンネル『辻ちゃんネル』の中でスイカアートに挑戦した。

「ノリとイメージだけでやってみた!」というタイトルだけに、どのような仕上がりになるのか心配した視聴者も多かったようだが、さすがは辻ちゃん。チョコレートで目を作るなど工夫し、元はスイカとは思えないほどかわいらしい女の子のキャラクターアートが出来上がった。

 これを見たファンからは、「めちゃくちゃ器用!可愛すぎる」「食べるのもったいない!」「楽しそうに作ってる過程がいいですね」と、絶賛コメントが書き込まれていた。

「実は辻ちゃん、自身の運営するアメーバブログ『のんピース』ではアンチへの対策のためかコメント欄を閉鎖していたんです。それが、YouTubeチャンネルのほうでは3カ月前からコメント欄を開放しているんです。昔からアンチが多いことで有名な彼女ですが、バッシングの内容は『流しそうめんの中にウィンナーを入れるな』『イチゴ狩りで練乳をかけて食べるなんて』といった言いがかりとしか思えないものばかり。実際、YouTubeのコメント欄にはアンチがまったくおらず、毎回再生回数も安定しているので、女子高生から主婦など、幅広い年代から支持されていることが伺えます。また、ジャニーズを退所した手越祐也が辻のファンだったとカミングアウトしたことで、さらに株が上がったようです」

 5月に開設から1周年を迎えた『辻ちゃんネル』。今後も得意の料理やメイク動画などで、我々視聴者を楽しませてくれそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/23 11:09

アンチはどこへ!? 辻希美、YouTubeコメント欄を開放も誹謗中傷メッセージはゼロの怪現象のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真