日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 上沼、関係者の腫れ物扱いは続く

上沼恵美子、『怪傑えみちゃんねる』打ち切りも関係者の“腫れ物扱い”はまだまだ続く!?

文=日刊サイゾー

上沼恵美子

 人気モデル・ゆきぽよが22日、今週で番組を突然終えることになった『怪傑えみちゃんねる』(カンテレ)の24日放送分に出演することを自身の公式ツイッターで明かした。事実上の“最終回”となる。

 過去にも同番組への出演歴があるゆきぽよは、上沼恵美子からいつも「可愛いね」と褒めちぎられていたといい、今後は食べたことが無いフレンチに連れて行ってもらう予定だったことも告白。「ゆきにとって大阪のお母さんみたいで大好き! 会えるチャンスが減って悲しい……」などとつづっている。

「ゆきぽよさんはかなり“可愛がられていた”部類に入るのでしょうが、実際のところ、問題となったキングコングの梶原雄太のようにいつ、誰が地雷を踏んでもおかしくないくらい、気難しいのが上沼さんの本性であるのは事実です」(芸能関係者)

 先日もお笑いコンビのナイツが上沼の番組に出演する際、手土産にまつわることを自身のレギュラーラジオ番組で触れ話題となったが「結局のところ、どこでどう回って酷い仕打ちを受けるか分からない。みんな、ビクビクしながら上沼さんに接していた。未だに関係者がフォローし続けているのはまだ、『おしゃべりクッキング』(ABCテレビ)、『クギズケ!』(読売テレビ)など、ゲスト枠のある番組を持っているから。忖度してフォローしているのが見え見えです」(同)と苦笑する。

 そう思えば、上沼が“裸の女帝”になり下がってしまったのも仕方がないと言わざるを得ない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/23 11:06

上沼恵美子、『怪傑えみちゃんねる』打ち切りも関係者の“腫れ物扱い”はまだまだ続く!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

スマートニュースの「現地調査」

──あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真