日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 上沼・梶原の火消し役は松本人志

怒りは尋常じゃない!? 上沼恵美子、キンコン梶原“説教騒動”の火消し役は松本人志か

文=日刊サイゾー

ダウンタウン・松本人志

 お笑いコンビ・ナインティナインが10日未明放送の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で同じ事務所所属のキングコング・梶原雄太がタレントの上沼恵美子から“公開説教”された一連の騒動に触れた。

 梶原から直接、この件について連絡をもらった岡村隆史は「(梶原から番組を)辞めるとは言っていないと(梶原本人が)言っていた」と話したが、大御所タレントに可愛がってもらうことが表裏一体であると強調。一歩間違えば「もう地獄ですから……」と言えば、相方の矢部浩之も「いいところ、悪いところ出てくるから」と続ける。今後については岡村が「しばらくしてから謝りに行ってもいいのでは」とアドバイスを送った格好だ。

 お笑い関係者は「今後、梶原が上沼に頭を下げに行くかどうかはわかりませんが」としながらも、梶原1人での謝罪は「あまり効果がない」という。その中で重要なのは“付添人”だという。

「いったい何があったのか、上沼の怒りは尋常じゃない。同じ吉本所属なら『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)絡みで考えると、ダウンタウンの松本人志が梶原と一緒に謝罪に出向けるか、ここにかかっているでしょう」(同)

 さらに、ここ最近、なにかと松本が騒動でひと肌脱ぐことが話題にもなっているが「それだけ影響力のある芸人であり、火消し役もできる。ここが動かなければやっぱり厳しいでしょうね」と続ける。

 すべては松っちゃんの出方次第、といったとこだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/10 21:30

怒りは尋常じゃない!? 上沼恵美子、キンコン梶原“説教騒動”の火消し役は松本人志かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真