日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > カジサック、宮迫と吉本の板挟みに

カジサック「宮迫へのスタッフ流出報道」釈明は大失敗? 吉本との板挟みで危機的状況に

文=日刊サイゾー

カジサック「宮迫へのスタッフ流出報道」釈明は大失敗? 吉本との板挟みで危機的状況にの画像1
YouTubeチャンネル「カジサック KAJISAC」より

『週刊女性』(主婦と生活社)で、カジサックのYouTube動画制作スタッフが続々と辞めて、雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeに流れていると報じられたことを受け、宮迫博之とカジサックがそれぞれ自身のYouTubeチャンネルで、記事を否定する動画をアップした。

「宮迫が言うには、カジサックの優秀なスタッフが宮迫のほうに移籍してきたということはないとのこと。ただ、動画では“ちょこちょこポンコツは入ってきますよ”とも話しており、そのポンコツがカジサックのスタッフだったかどうかには触れていないんですよね……」(ネットメディア関係者)

 微妙な点こそあるが、記事を否定した宮迫に対し、カジサックのほうは明確には否定していない。

「カジサックは当該の記事についてしっかり否定することはなく、“今後、事実ではないことを報じられたら一切反応しない”と決意表明するだけでした。しかし、この動画『【緊急】お騒がせしている件についてお話します。』なんて思わせぶりなタイトルだから、てっきり上沼恵美子のパワハラ報道について語るのかと思いきや……蓋開けたら中身の動画で。これで広告費もらうのかと(苦笑)。完全に逃げているだけの動画に、コメント欄でも批判が多く投稿されています」(同)

 そもそも、カジサックのYouTubeスタッフが宮迫のスタッフになったというのは本当なのだろうか。お笑い事務所関係者はこう話す。

「複数の吉本関係者が事実だと話していました。記事の内容すべてが本当だったかどうかはわかりませんが、それなりに信憑性が高い情報ではあると思います。まあ、単純に宮迫とカジサックが把握していないだけだという可能性もあるでしょうけどね。動画編集スタッフが詳細な経歴を明かさずに仕事をすることはよくある話ですから」

 闇営業騒動以来、関係性が悪いままの宮迫と吉本興業。そんな状況は、カジサックをどんどん追い込んでいるという。

「吉本の管轄外でYouTubeをやっているオリエンタルラジオの中田敦彦は、吉本が関与しないところで宮迫とコラボしましたが、カジサックのYouTubeは完全に吉本の管轄内なので、宮迫とのカラミは基本的にNG。にもかかわらず、カジサックのスタッフが宮迫へ流れたとすれば、吉本内部でも大きな問題になりかねない。それこそ、宮迫を許していない大崎会長の耳に入れば、“カジサックを干す”なんて展開すら考えられますよ。

 でも、現場レベルの吉本社員にしてみれば、YouTuberとして大成功しているカジサックを今潰すわけにはいかないわけで、どうにかこの記事を上手く処理しようとしていたはずです。そんななか、宮迫が先に記事を否定したことで、カジサックも言及しやすくなった側面はある。記事が本当だろうがそうでなかろうが“宮迫が否定した”という事実を拠り所にして、言い訳ができますからね。カジサックは、宮迫に責任をとってもらったという形ですよ」(前出・お笑い事務所関係者)

 しかし今後、カジサックの立場はどんどん危うくなっていきそうだ。

「吉本にいい顔をするなら宮迫と距離を置かなければならない一方で、今回の件で宮迫に借りを作ってしまったとも言える。ここで、もしカジサックが完全に吉本側についたら、宮迫に対する不義理になるし、宮迫との距離を詰めたら、吉本上層部から大目玉を食らうだろうし、さらには宮迫側からの大反撃が待っている可能性も高い……。完全な板挟みですよ。カジサックはうまく立ち回らないと、今まで築き上げてきたYouTuberとしての立場を失いかねない」(前同)

 吉本内部のさまざまな事情の中で、自由が効かなくなってきたカジサック。そんな苦境が視聴者にも伝わっているのか、批判的な声も増え始めている。カジサックが今後、YouTuberとしての人気を保つには、世渡りのうまさが必要なのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/31 18:00

カジサック「宮迫へのスタッフ流出報道」釈明は大失敗? 吉本との板挟みで危機的状況にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真