日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 遠野なぎこ、橋本マナミとは和解

「矢口真里との絶縁」を告白の遠野なぎこ、橋本マナミとはブチギレ後に和解していた

文=日刊サイゾー

遠野なぎこ

「ドッキリ」では済まなかったようだ。

 7月29日、女優の遠野なぎこが『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演し、タレントの矢口真里と絶縁状態であると明かした。

 遠野は、数年前にテレビのバラエティー番組で矢口にドッキリを仕掛けたと振り返り、「矢口真里ちゃんをダマす企画で、説教して泣かせて、それからお互い傷ついちゃって一切、もう何年も会ってない。それまでずっと飲み仲間だったんですけど」と告白した。

「遠野が話していたのは2017年5月放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のことでしょう。ドッキリ企画で矢口に説教を始めたところ、逆ギレされテレビで放送できないガチバトルに発展。番組ではネタバレ後に2人が号泣しながら謝罪し、抱き合っていましたから和解したのだと思っていましたが、しこりを残していたのには驚きました」(芸能記者)

 そんな遠野は、女優の橋本マナミともあわや絶縁となっていたようだ。

「29日の放送では、2日に第1子となる男児を出産した橋本も出演。遠野に対して以前、番組できついことを言われたことで苦手意識を持っていたことを明かしました。橋本は昨年11月に1歳下の勤務医との結婚を発表していますが、その直前に遠野と共演。番組コーナーで『恋愛に興味が湧かない』という恋愛相談があったことから、セット移動中に橋本が『わかります。年齢的なものなんですかね』と遠野に話しかけてきたそう。

 しかし、そのわずか6日後に橋本が結婚したことで、遠野は『あの時、橋本さんは心の中で私のことをバカにしてた。かわいそうな女だと思ってたんでしょ! 腹立つわ~!』『だましやがって』とブチギレていました。しかし、その後の共演で橋本は遠野の優しい部分に気付いたそうで、『今は好きですよ』と歩み寄りを見せ、遠野も『私も今は好きよ』と笑顔を見せていました」(前出・芸能記者)

 矢口とも和解できる日が来るだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/02 00:00

「矢口真里との絶縁」を告白の遠野なぎこ、橋本マナミとはブチギレ後に和解していたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

大林宣彦ワールドの過激な進化!? 『ザ・スイッチ』

 内気な女子高生の体が、なんと連続殺人犯であ...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真