日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 堀田茜もオスカープロを退所

“出川ガール”堀田茜もオスカープロモーションを退所! 本当は『イッテQ』が嫌だった!?

文=日刊サイゾー

堀田茜(オスカープロモーション公式サイトより)

 8月6日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、藤田ニコルと所属のオスカープロモーションのギャラ闘争を報じている。

 オスカーといえば、昨年末以降、米倉涼子、岡田結実、忽那汐里ら看板タレントの退社が相次いでいるが、今度は藤田の名前が急浮上しているというのだ。

「記事によると、ギャラの取り分をめぐってトラブルになっているようです。人件費増となった事務所が取り分を増やそうとしたことで、藤田の母親が激怒。弁護士を立てて交渉が続いているとのこと。折り合いがつかなければ独立の可能性もあり、バラエティー女王として稼ぎ頭となっている彼女が抜ければ、事務所としてはかなりの痛手となるでしょう」(芸能記者)

 そんななか、女性ファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルで女優としても活躍する堀田茜も、約10年間所属したオスカーからの退所が5日に明らかになった。

「方向性の違いが退所の理由のようです。堀田といえば、バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、出川哲朗が出演するコーナーのアシスタントを務める通称『出川ガール』の一員として活躍中。7月13日放送回では、プールに落ちてずぶ濡れになったことで、つなぎが透けて、下着が見えてしまったほど体を張っていました。しかし、退所報道を受けて、ネット上では『本当はイッテQ嫌だったんだろうな』『“バラエティー苦手だけど頑張ってます感”があった』とのコメントが飛び交っています」(芸能ライター)

 堀田は「NGなしモデル」のポジションでバラエティーでも重宝されてきましたが、本人はずっと“オサレモデル路線”で活動していきたかったのかもしれない?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/07 13:16

“出川ガール”堀田茜もオスカープロモーションを退所! 本当は『イッテQ』が嫌だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真