日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 「アプリマンガ」CMが絶好調

テレビでよく見る? ネット通販の次は「アプリマンガ」のCMが絶好調のワケ

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:Luke,Ma

 コロナ禍でさまざまな生活が様変わりするなかで、テレビ局にとって一番の「お得意様」となりつつあるのが「アプリマンガ」のCMだという。

  3月以降、ドライバー不足や置き配問題などの課題は抱えつつも通販事業社の業績は軒並み好調だ。中堅広告代理店のテレビ営業担当者は「それに伴ってCM出稿も増えてきており、代表的なのはAmazonですね。出稿も含めて今後も売り上げに占める割合が増えそう」と期待を寄せている。

  さらに、この流れを汲んで今後「CM出稿」がさらに増えそうな業種がある。携帯などで有料アプリを取得、漫画が読める「アプリマンガ」の企業だ。

「大手だけでもLINEマンガ、めちゃコミック、Renta!が幅を利かせています。もともと、10代や20代を中心に単行本ではなく携帯でマンガを読む人は徐々に増えていたのですが、今春以降は加速しており業績も好調のようでその結果、テレビのCM出稿にも反映されています」。3社のうち、とある企業は「1回のスポットCMオンエアで10万円くらいなのですが、いきなり1000万円単位の予算を提示してオンエアしてほしいとの話がある」(同)

  現状、テレビ局のCM売り上げはというと「新型コロナウイルスが感染拡大する前の6割程度のまま」というだけに、今後もデジタル企業によるCM出稿は加速しそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/10 21:05

テレビでよく見る? ネット通販の次は「アプリマンガ」のCMが絶好調のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真