日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > カミナリ・たくみの優勝でほぼ決まり!?

『フリースタイルティーチャー』カミナリ・たくみの優勝でほぼ決まり!? ゆりやん猛追、紺野ぶるまのグラつくメンタル

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『フリースタイルティーチャー』カミナリ・たくみの優勝でほぼ決まり!? ゆりやん猛追、紺野ぶるまのグラつくメンタルの画像1

 8月5日に『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)が放送された。MCバトルの総当たり戦開幕まで、残り1週間。特訓もいよいよ大詰めだ。

レイザーラモンRGの悪循環、紺野ぶるまのグラつくメンタルが心配

 現時点で、ほとんどの視聴者はKEN THE 390カミナリ・石田たくみペアの優勝を確信しているのではないかと思う。何しろ、たくみは掌幻とのスパーリングで完勝した。頭の回転は速いし、本業のツッコミ技術を生かしたフロウはまるで大砲のよう。芸人同士でバトルを行うレベルではなく、どこかのフリースタイル大会で上位進出を目指すべき逸材である。他の3人とは実力差がありすぎる。

掌幻  「あんたカミナリ その前はブッダだったらしいな 相当ラップ好きだな」
たくみ 「つうか昔 ブッダってコンビ名知ってたんだ
     俺の事 大好きだな」

 もう、下地からして違う。以前はBUDDHA BRANDから取った「ブッダ」なるコンビを名乗っていたカミナリの2人。ということは、現在のコンビ名「カミナリ」はKAMINARI-KAZOKUに由来している? とにかく、他の3人とはスタートラインからして違う。

 輪入道とペアを組むレイザーラモンRGは、とにかく熱い。総当たり戦を前に「勝ちたいし、泣かしたい。ディスで勝つのではなく、愛で包み込んで勝つ」と意気込みを語っている。

 彼に関しては、MC・青山テルマの「カッコつけ過ぎ」という指摘に尽きると思う。ヒップホップっぽいことを言おうと心がけ過ぎて、ラップと言動の中身が凡庸になってしまっている。RGの真面目な性分が、皮肉にも没個性につながった。親身に指導してくれる輪入道を前にふざけづらいのはわかるが、持ち前のユーモアやギャグセンスが鳴りを潜めているのは悪循環だ。

 あと、前回のレビューでも言及したが、RGはラップがリズムに乗れていない。スキルも足りない。バイブス押しの輪入道は、なんだかんだ技術も超ハイレベルだ。でも、RGのラップは他のスチューデントと比べてもスキルとユーモアが足りないように感じる。心配だ。

 RG以上に不安な存在は、DOTAMAとペアを組む紺野ぶるまだ。どうやら彼女、1回戦でたくみと対戦するらしい。組み合わせを知ったぶるまは、途端に戦意を喪失した。本番2日前、ぶるまはグラつくメンタルをこんなラップで表現している。

「明後日の台本が送られてきて すでに超ビビってる
 初戦はカミナリたくみと当たった たくみ
 ヤバい 終わったと思った」

 弱気なスチューデントに活を入れるべく、DOTAMAは“ランニングサイファー”(ランニングマシンに乗りながらラップ)をぶるまに課した。体力と精神力を鍛え、闘争心に火を点けるつもりらしい。ぶるまをしごくDOTAMAの背後には、なぜかブルース・リーのポスターが貼られている。「考えるな、感じろ」ということ?

 ぶるまが頭でっかちになったのには、明らかに理由がある。DOTAMAから十八番の下ネタを禁じられたため、頼るべき技術を見失った。最大の武器が使えない彼女が、弱気になるのも無理はない。ランニングマシンに乗ってラップをするぶるまは、見るからにいっぱいいっぱいだった。

「童貞みたいな 童貞みたいな感じ
 この工程 皇帝ペンギン」

 あまりに言葉選びが冴えていない。リズム感も頼りない。やはり、下ネタを解禁する必要があると思う。練習では下ネタを禁じられたぶるまは、本番でも下ネタを封じて闘うのか? できることなら、コンプラを連発するほど遠慮なく下ネタラップを言わせてあげたいのだが。

12

『フリースタイルティーチャー』カミナリ・たくみの優勝でほぼ決まり!? ゆりやん猛追、紺野ぶるまのグラつくメンタルのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真