日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 米倉涼子頼みのオスカープロ

所属タレントの退社が相次ぎ、“米倉涼子頼み”が続きそうなオスカープロの内情

米倉涼子

 女優の米倉涼子が、今秋放送のテレビ朝日系スペシャルドラマ『ドクターY~外科医・加地秀樹~』に出演することを一部スポーツ紙が報じた。

 米倉は今年3月31日付で、27年間所属した前所属事務所オスカープロモーションを退社し、4月に個人事務所Desafioを立ち上げたばかりで、ドラマ出演は独立後初めて。

 同ドラマは、米倉が主演する大ヒット作『ドクターX~外科医・大門未知子~』のスピンオフシリーズの第5弾。俳優の勝村政信演じる、“腹腔鏡の魔術師”と呼ばれるほど確かな腕を持ちながら、金には汚い外科医・加地の活躍を描く。

 米倉演じる外科医・未知子のほか、麻酔科医・城之内役の内田有紀、神原名医紹介所所長役の岸部一徳も出演する。

「一部では、『ドクターX』の新シリーズが放送されると報じられたが、それはスピンオフで、本シリーズの放送は来年以降。それよりも驚いたのは、今回の記事の情報出しは米倉の古巣・オスカープロが動いていたようで、米倉が稼働することにより、当然、オスカーにも金が入ることになります」(テレ朝関係者)

 同シリーズの「企画協力」に名を連ねているのが、今春で社長の座を譲り、会長職に就任したオスカーの創業者・古賀誠一氏。

 オスカーといえば、米倉のみならず、昨年から忽那汐里、草刈民代、ヨンア、長谷川潤、岡田結実らが相次いで退社。さらに、堀田茜と紫吹淳も近日中に退社することが報じられた。

「実質的に会社を仕切るのは、社長ではなく、古賀氏の長女夫妻。その方針に賛同できないタレントは続々と退社し、売り上げはかなりダウンしそう。米倉は古賀氏に恩義を感じているので、今までと変わらず古賀氏を『ドクターX』に関わらせることで、古巣にも金を落とすことにしたのだろう」(芸能記者)

 米倉の“恩返し”は続きそうだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/08/28 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真