日刊サイゾー トップ > インタビュー  > ニューヨークが「なんでもやる」宣言

【再掲】どうした、ニューヨーク!? “ネクストブレーク”枠から抜け出すために「なんでもやってみる」

文=鈴木工

どうした、ニューヨーク!? ネクストブレーク枠から抜け出すために「なんでもやってみる」の画像1

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系列)直後、“よしもと推されコンビ”といわれた彼らの本音に迫るインタビューを行ったが(参考記事:『M-1』翌日──“よしもと推されコンビ”ニューヨークの本音に迫る!)、その後なかなかブレークできないまま、年末のM-1は準々決勝敗退と、調子を落としているように見える。“ネクストブレーク”から抜け出すための、彼らの新たな挑戦を聞いた。

――ファンとしては、ニューヨークさんがいつ時代を変えてくれるのか、と何年も待っているんですよ。それが去年、調子悪かった気がしまして。

屋敷 確かに2018年は捨て年でした……。それまでは徐々に上がっていく感じだったのが、動きが何もなかったんです。ラジオ(MBS『アッパレやってまーす!』)もなくなって、賞レースは「キングオブコント」が2回戦落ちで、「M-1」は決勝行くつもりでやってたら準々決勝で落ちて。落選を知った瞬間、ソファから一歩も動けなくなって、天井見てました(笑)。

嶋佐 僕はショックというか、相当ムカつきましたね。「全然あげてくれねえじゃん」って。

屋敷 そこで考えたんですよ。今まで周りから「いける」「次はニューヨーク」と言われてきた。それにあぐらをかいて、大きなアクションを起こさず、神輿の上でじっとしてきたな、と(笑)。このままだったらフェイドアウトしていくな、と焦りだして、YouTubeチャンネル作るとか、ラジオで発信するとか、いろいろ考えました。それをマネージャーに伝えて、相方ともそういう話になっていきましたね。

嶋佐 賞レースの決勝でもいかないかぎり、仕事がドーンと舞い込むこともないでしょうし、それなら何かやったほうがいいかな、と。それでニューヨーク、デニス、マテンロウ、鬼越トマホークの同期4組で、「でへへチャンネル」も始めたんです。

屋敷 今、登録者数いくつやったっけ?

嶋佐 800(笑)。結構頑張っている4組なんですけどねえ。

――4月に行われる単独に向けて、「我々ニューヨーク、遂に本気を出します。ここ10年で一番の本気です」とコメントを出してますね。今年は何とかしようという意気込みを感じました。

屋敷 毎年ルミネで単独ライブ2回というのがルーティーンになっていて、刺激がないと停滞するから、それも変えたいなと思ったんです。そうしたらスラッシュパイルの片山さん(お笑いを中心としたライブ・興行企画会社の代表)と話す機会があって、「じゃあ一緒にやりましょう」ということになりまして。いろいろアイディア出してもらった結果、今回はルミネから飛び出して、「シブゲキ」という劇場で3公演になりました。

嶋佐 いつも1回だけというのが、もったいなかったんで。それこそ何回かやったほうが、いろんな方に見てもらえますし。

――ニューヨークさんの単独、ずっと面白いと思って見ているんですよ。でも、そこから仕事広がったり、ネタが賞レースで引っかかったり、次につながらないという感触だったんですか?

屋敷 今までは面白いネタを作って、来た人が喜んで、いいネタを賞レースに持っていけばいいなと考えていたんです。でもそれだと燃費が悪いような気がした。

嶋佐 単独しかやってないネタがたくさんありますし。

屋敷 それに、テレビに出るためだけに絞ってネタを作るのは、リスクが高い時代になったというか。今売れている人って、テレビにあまり媚びてないじゃないですか。単独やラジオ、自分の中の柱を持っている芸人のほうが、テレビに出ても映りがオモロい気がするんですよね。賞レースは運も流れもあるんで、それだったら単独自体の価値が評価されて、芸人としてええ感じになればいいな、と思ってます。

――YouTubeで毎週日曜夜に配信している「ニューラジオ」も、「このままではまずい」という気持ちから始まったんですか?

屋敷 ですね。接触してないと、お客さんは僕らのこと忘れていきますから。習慣でレギュラーのラジオを聞いているときは、週1回はその芸人のことを考えるじゃないですか。そうするとファンでもいてくれるし、ライブにも行こうとも思うし。だったらラジオをYouTubeで毎週やればええのかなと思って。

――「ニューラジオ」で聞いたところによると、ニューヨークを好きなスタッフが手弁当でやっているみたいですね。

屋敷 ありがたいことに……。ただ作家には、くしゃくしゃの1,000円札だけ握らせてますよ(笑)。

嶋佐 自腹ですよ! 昨日の生放送も、作家が終電残り3分で駅までダッシュしてました(笑)。

屋敷 泊まったら赤字になるからな。ありがたいことに足立区から新宿まで来てくれてるんですよ。そこらへんは恵まれてます。

――一方、同期4組で始めた「でへへチャンネル」の手ごたえはどうですか。

嶋佐 ないです!(即答) 

屋敷 ないですけど、編集する人を募集したら、プロに近い数名から応募がきて、玄人の人はチェックしてくれてることに気づきました。ただいかんせん、普通の人は誰も見ていません(笑)。


12

【再掲】どうした、ニューヨーク!? “ネクストブレーク”枠から抜け出すために「なんでもやってみる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真