日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 大塚愛の処女小説は案の定駄作

大塚愛ホラーの処女作は案の定駄作 「小説なめんじゃねぇよ、大塚」の結末

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

案の定駄作…でも大塚愛節も?  ホラーの処女作「小説なめんじゃねぇよ、大塚」の結末の画像1
大塚愛(写真/Jun Sato ・特派員『GettyImages』より)

 去る8月21日に発売された「小説現代」(講談社)9月号に、作家としての処女作「開けちゃいけないんだよ」が掲載され、各メディアをにぎわせている大塚愛。発売日から10日後の31日、情報番組『ノンストップ』(フジテレビ系)にも出演し、自らが体験した怪奇現象を滑らかに語るなど、恋愛ソングのカリスマらしからぬトークで番組に花を添えた。

 そう、彼女の処女作は恋愛でも色恋沙汰でもエッセイでもない、ホラー小説であった。

 同誌には作家デビューに至る経緯や、ネタバレしない程度に作品から文節を抽出し、大塚の作家としてのこだわりなどを引き出す5ページに及ぶロングインタビューも掲載。これが処女作となる作品の前に掲載されたことで、ある程度、読者の期待値が上げているが……。結論から言えば、このインタビューの掲載順序は逆効果だったと言えるだろう。

 一口に“ホラー”といっても、さまざまなタイプがある。例えば海外のホラーは、残虐性に満ちて痛みを伴う肉体的ホラー(映画『13日の金曜日』や『死霊のはらわた』など)が大多数であることに対し、日本のホラーは呪いや祟りなどの心霊現象で恐怖感を煽る精神的ホラー(映画『リング』や『呪怨』など)が多く見受けられる(海外でも『リング』のリメイクがヒットを記録して以降、精神的恐怖を煽る作風は増えたように思うが)。

 言わずもがな、大塚愛の処女作「開けちゃいけないんだよ」は精神的ホラーに属す、日本の古き良き伝統を踏襲した作風だ。計13ページの短編小説、かつインタビューでも「書き終わるまで、五時間もかかっていないです」と述べているとおり、登場人物も主人公の小学4年生「さゆり」と、84歳の祖母だけで物語は展開していく(加えて、内容には関与しない穏やかで吠えない犬「サスケ」と、電話口で話した実母のみ)。

 あらすじを簡潔にまとめると、「さゆりは夏休みを利用して、毎年祖母の家にひとりで訪れる。その家の地下室には、シルバーのアルミシートに包まれた大きなもの――。去年までは何もなかったのに、今年の夏休みは、とんでもない恐怖に襲われる」といったところ。

「現代小説」同号に寄稿した作家の神永学氏は、8月27日付のブログで「構成、伏線回収と、どれを取ってもデビュー作とは思えない熟達ぶり(中略)どうやら大塚愛さんの『開けちゃいけない』箱の中には、小説家としての才能が入っていたようです」と、褒めちぎっているが正直、伏線の回収はそこまでされているようには思えない。

 そもそも「毎年訪れている祖母の家」で、「なぜ今年に限って恐怖体験を味わう」ことになったのか、大きな疑問が残る。とんでもない恐怖体験を味わわせた正体(=シルバーのアルミシートに包まれたもの)は、詳細は伏せるが“3年前”にさゆりの手元から離れており、“昨年”の時点ですでに、祖母宅の地下室に保管されてことが描写されている。つまり1年前、あるいは2年前に同様の恐怖体験を味わっていてもおかしくないわけだが、なぜ“今年に限った”ものだったのかの説明がまったくなされていないのは、少々引っかかった。

12

案の定駄作…でも大塚愛節も? ホラーの処女作「小説なめんじゃねぇよ、大塚」の結末のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

 ときにはガチの元セフレが出演し、ときにはエピソードトークの内容検証のためにADがパ...
写真