日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 『新聞記者』藤井道人監督インタビュー
映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』公開記念インタビュー

“日本アカデミー賞監督”藤井道人「清原果耶さんはシャーマンのよう」「コロナ禍の映画界を変える」

文=長野辰次(ながの・たつじ)

藤井監督が上の世代から信頼される理由

『宇宙でいちばんあかるい屋根 』© 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

ーー桃井かおりさんはホームレスふうのおばあちゃん。桃井さんはかつて舞台の演出家を降板させたなどの女傑伝説で知られています。

藤井 僕もその噂を聞いたことあります。「大変な人だよ」とも言われました。桃井さんはLAで暮らしているので、撮影前日の衣装合わせまではずっとスカイプで打ち合わせをしていたんです。桃井さんと話していて分かったんですが、桃井さんが周囲から厳しい人と思われている部分は僕がこだわっている部分と近いなと。妥協したくない、自分が納得できないことはやらない、という人なんです。自分をよく見せたいとかじゃなくて、どうすれば作品がよくなるかをすごく考えている人だなと思いました。

ーー世代的に近いかどうかではなく、映画をつくる上で求めているものが同じかどうかが重要なんですね。

藤井 僕はエライ人に対して「はい、分かりました」と振舞うことができないんです。『新聞記者』の河村プロデューサーに対しても、そう。彼が間違った方向に暴走しようとしているときは「違う」とはっきり言うようにしています。年上の人にはっきりと意見を言うことで、信頼されているのかもしれません。クラゲと戯れるシーンでは桃井さんは自分で考えた「クラゲダンス」を踊ってくれました。本当、すごく楽しい撮影現場でしたね。

ーー『デイアントナイト』のヒロインだった清原果耶が、『宇宙でいちばん』では主役に。

藤井 『デイアントナイト』の時は15歳、『宇宙でいちばん』は17歳でした。ひとつひとつの台詞を大切に扱い、ちゃんと自分の感情に落とし込んでからお芝居をする女優です。しかも、それが一発で決まる。シャーマンみたいな存在です。演技ではなく、劇中のキャラクターそのものに見えてしまう。年齢は僕よりずいぶん下ですが、信頼できる女優です。

12345

“日本アカデミー賞監督”藤井道人「清原果耶さんはシャーマンのよう」「コロナ禍の映画界を変える」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真