日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『おはよう朝日です』放送枠拡大

『おはよう朝日です』放送枠拡大で、関西のテレビ業界にも忍び寄る「東京」の影

文=日刊サイゾー

『おはよう朝日です』(ABCテレビ公式サイトより)

 大阪・ABCテレビの朝の老舗情報番組『おはよう朝日です』が、10月5日から午前5時スタートに前倒しされることが1日、発表された。

 これまでは『おはようコールABC』を午前5時から放送しており、前番組を吸収合併する形だが、実質的には予算上の措置としての「番組削減」による『おは朝』の放送枠拡大になるという。また、10月からは午前5時から6時30分までを1部として、川添佳穂アナウンサーがメインMCを務めるという。

 番組42年の歴史において、女性MCは史上初となる。スポーツ芸能デスクは「宮根誠司さんを輩出した関西の人気番組ですが、近年は裏番組にかなり押されており苦戦していた。弱点は早朝に突発的なニュースが起きた際、その都度テレビ朝日の『グッド!モーニング』を臨時でネットしなければならなかったこと。関西ローカルの話題やニュースには強いのですが、新型コロナウイルス感染拡大や地震、大雨など自然災害などが多い中で、柔軟に対応できなくなってきたことも大きい」と明かす。

 現在、平日朝帯で全編関西ローカルの情報番組を編成しているのは同局だけ。

「『ZIP!』の一部時間帯に関西ローカルのパートを放送している読売テレビもありますが、やはり“おは朝”ブランドは強い。だけど、今度はそれが足かせになりつつある。今年に入り、予算削減でABCが番組を減らすという話はずっと出ていたが、ようやく表面化した形。次は『グッド!モーニング』を一部時間帯でレギュラーで放送して予算を削減するしかない」(同)と、瀬戸際の状況だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/04 10:30

『おはよう朝日です』放送枠拡大で、関西のテレビ業界にも忍び寄る「東京」の影のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

星野源の「一番ヤバいこと」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

中島岳志が見る2021年衆院選の行方

 政治学者・中島岳志氏を迎えた本インタビュー。前編「『選挙に行こう』だけでは意味がな...
写真