日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『アンサング~』田中圭演じる瀬野の吐血…

『アンサング・シンデレラ』辛すぎて見ていられない?田中圭演じる瀬野の吐血…大切な人の末期がん…

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式サイトより

 石原さとみの主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第8話が、今日9月3日に放送される。先週放送された予告編で、田中圭演じる瀬野章吾の吐血シーンが写され、視聴者から悲鳴が上がった『アンサング・シンデレラ』。さらに薬剤部のマスコットキャラクター・荒神寛治(でんでん)の妻が末期がんを患っていることが判明し、どうやら波乱の8話となりそうだ。

【第8話あらすじ】
 萬津総合病院薬剤部から“調剤の魔術師”と称えられている荒神が、手品を練習するために休暇を取るという。ただでさえ人手不足の薬剤部から人員が抜けるとあって、主人公・葵みどりをはじめ薬剤師たちは納得がいかない様子。そんな矢先、みどりは部長の販田聡子(真矢ミキ)の指示で、在宅医療に特化した調剤薬局「笹の葉薬局」へ研修に行くことになる。

 みどりが笹の葉薬局を探していると、そこには小野塚綾(成田凌)の姿が。小野塚もドラッグストアの店長に指示されて研修に来たのだという。すると、店から代表の仁科敦夫(東根作寿英)が飛び出して来て、2人を患者の家へと連れて行く。患者の家を数件回った後、みどりたちは末期がん患者の家を訪問することに。そこで出迎えたのは、なんと手品休暇中の荒神。末期がんの患者は、荒神の妻・泰子(大塚良重)だったのだ。

 末期がんで在宅にて治療しているということは、もしかするとがんの進行が止まらず緩和ケアに切り替えたのかもしれない。この状況から薬の力だけで回復するのは簡単ではないはず。みどりは、仲間の大切な人を救うことはできるのだろうか。そして荒神は、迫りくる悲しみとどう向き合っていくのだろうか。

 また、『アンサング・シンデレラ』公式サイトのあらすじには載っていなかったが、先週の予告編には確かに瀬野が吐血する姿が映し出されていた。何かと忙しく体を酷使している印象の彼だが、実は大きな病気を抱えているのだろうか……。瀬野といい荒神といい、観るのが辛くなってしまいそうな第8話。展開を見守りたい。

■番組情報
木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系/毎週木曜22:00~
出演:石原さとみ、田中圭、西野七瀬、真矢ミキ、成田凌、 桜井ユキ、井之脇海、
金澤美穂、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん ほか
原作:荒井ママレ
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
音楽:信澤宣明
プロデュース:野田悠介
制作著作:フジテレビ第一制作室
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung/

早乙女りこ(ライター)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2020/09/04 19:26
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

春ドラマ開始! 今クール一番人気は?

2023年も4月に入り、新ドラマが続々とスタートを切っている。あの作品の評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

澤瀉屋を救うのはやはり「あの親子」か

 東京・明治座の座長公演『市川猿之助奮闘歌舞...…
写真
UPCOMING

る鹿、彼女が見た「正夢」

 モデルとして活動しながら、自身が立ち上げたブランド「DEERTRIP」のディレクターを務め、2021年1月にはゆらゆら帝国『空洞です』のカバ...…
写真