日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > パワハラ木下医師トホホな再出発

パワハラで恐妻家キャラ崩壊!? 木下医師、YouTube再生回数1000回のトホホな再出発

文=日刊サイゾー

パーフィットプロダクション公式サイトより

 タピオカ店恫喝騒動に加え、不倫疑惑も重なり芸能界を引退した元タレントの木下優樹菜が新しくインスタグラムを開設し、話題となっている。

 テレビから干された芸能人が、SNSの力でなんとか復帰しようと目論む例は多数あるが、ここで再び注目されるのは、木下と同じ名字で同時期に問題を起こした、ジャガー横田の夫でタレント医師の木下博勝だ。

 木下は昨年12月、准看護師の男性に暴言を吐くなどパワハラを繰り返し行っていたと報じられ、これによりテレビ番組で見せる恐妻家はキャラだったことが露呈し世間から大バッシングを受けたが、現在はどうしているのだろうか。以前から木下医師を追いかけていた週刊誌記者はこう話す。

「新型コロナウィルスの感染拡大問題など、様々なニュースの影響で騒動が忘れられてきたことから、現在は以前と変わらずタレント活動を続けているようです。騒動から約半年後の6月1日には、休止していたYouTubeチャンネルを再開。健康や医学を出来るだけ簡単に、わかりやすく解説する『メディカルPlus』という新企画を立ち上げ、貧血や筋トレなどについて語っています。しかし、パワハラ騒動の影響もあってか、再生回数は1,000回程度とほとんど注目されていませんね」

 9月4日に更新したインスタグラムでは、髪をピンク色に染めた長男とのツーショットを投稿し、仲良しぶりをアピールした木下医師。恐妻家キャラのメッキが剥がれた今、医学知識を披露し知的なキャラを保ちつつ、優しいパパの顔も見せ好感度を上げる作戦に出たようだが、世間の目はまだまだ厳しいようである。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/06 06:30

パワハラで恐妻家キャラ崩壊!? 木下医師、YouTube再生回数1000回のトホホな再出発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真