日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > おぼん・こぼんの不仲の原因とは

おぼん・こぼんの不仲の原因が判明!? 娘同士のお笑いコンビも短命だった!

文=日刊サイゾー

おぼん・こぼん(一般社団法人漫才協会公式プロフィールより)

 漫才コンビ『ナイツ』の塙宣之が9月8日深夜放送の『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)に出演。漫才協会の重鎮コンビ『おぼん・こぼん』の2人の不仲の理由を明かした。

「塙によると、漫才協会では2年に一度、約150人の会員による理事を決める選挙があるそう。投票順で上位13人が理事に選出され、それまでは、1位が会長の青空球児で2位がおぼん、3位がこぼん、4位が塙が定位置だった。

 しかし、数年前の選挙で、おぼんと塙の位置が入れ替わり、こぼんよりも下になったことにおぼんがブチギレ。漫才協会のために後進の育成に力を注いできたおぼんは『こんなやってきた俺がなんで、こぼんに負けないといけない』と言って1年間、漫才協会を辞めてしまった。それ以来、こぼんとは不仲になったといいます」(テレビ誌ライター)

『おぼん・こぼん』の不仲ぶりはつとに有名で、10年近く私語がないほど。昨年2月、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のドッキリ企画で、おぼんが仕掛け人になってこぼんに解散を切り出すはずが、逆にこぼんの方から解散を切り出し、見届け人の『ナイツ』が慌てて止めに入ったほど。

 しかし、そんな『おぼん・こぼん』の2人が不仲になる以前は、家族ぐるみの付き合いも見られたという。週刊誌記者が語る。

「実は、おぼんの娘・ちひろと、こぼんの娘・いづみは2000年に『くれよん』という二世同士のお笑いコンビを結成しているんです。しかし、方向性の違いからコンビはわずか2年で解散。といっても、お笑い芸人としての実力は微妙で、むしろ当時、新歌姫として人気急上昇中だった倉木麻衣といづみが中学時代の演劇部で一緒に活動していたことが話題になり、メディア的には“同級生ネタ”としての需要のほうが多かったですね」

 やはり、根っから相性が悪いのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/11 10:00

おぼん・こぼんの不仲の原因が判明!? 娘同士のお笑いコンビも短命だった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

末吉9太郎が語る自粛中のオタク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真