日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 多部未華子、降板騒動に陰謀論

多部未華子、降板騒動の“下げムード”に疑問! 所属事務所を目の敵にするジャニーズの暗躍説が浮上か

文=日刊サイゾー

多部未華子、降板騒動の下げムードに疑問! 所属事務所を目の敵にするジャニーズの暗躍説が浮上かの画像1
多部未華子

 多部未華子主演のTBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』が好評のうちに幕を閉じた。“わたナギ”効果で女優としての評価もうなぎのぼりな多部だが、「女性自身」(2020年9月22日号/光文社)にて、多部がNHKのドラマを降板したという記事が掲載された。

 多部が降板したというのは、2019年に放送されたNHKのドラマ『これは経費で落ちません!』の続編。多部サイドは、前作と同じスタッフ・キャストであれば続編に出演すると要望していたものの、キャスト1人が出演できなかったため、企画が流れたのだという。

「記事では“多部が断った”という形で報じられていましたが、ちょっと違和感があります。単純に条件が合わなかったというだけの話。多部が最初に出演を断ったのであれば“多部のせい”ということになるけど、むしろ出られなくなった1人のキャストが原因で、企画が流れたわけですからね。なんとなく、多部に対する“下げムード”を感じてしまいます」(芸能記者)

 注目度が高まる多部未華子を攻撃したい勢力でもいるかのような“下げムード”。ある芸能事務所関係者は、こんな話をする。

「多部さんが所属するヒラタインターナショナルには、宮﨑あおいさん、松岡茉優さんという2人の女優がいます。この2人と言って思い出されるキーワードは“ジャニーズ事務所の敵”。多部さんというか、ヒラタを攻撃したい勢力がいるとしたら、ジャニーズかも」

 宮﨑あおいの夫はV6の岡田准一。2人の交際が発覚した時、宮﨑は前夫である高岡蒼甫と結婚中であり、当時は“不倫”であると囁かれていた。ジャニーズ事務所にしてみれば、宮﨑のせいで岡田に“不倫”のイメージがついてしまったというわけだ。

 また、松岡茉優はHey! Say! JUMPの有岡大貴との交際が報じられており、有岡のファンからは強くバッシングを受けている。こちらもまた、ジャニーズ事務所にとっては歓迎できない存在だろう。

12

多部未華子、降板騒動の“下げムード”に疑問! 所属事務所を目の敵にするジャニーズの暗躍説が浮上かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真