日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 水川あさみの下ネタに鶴瓶呆れ顔

水川あさみ、『A-Studio+』で放送ギリギリの“下ネタ”に鶴瓶が「やめよ」と呆れ顔

水川あさみオフィシャルサイトより

 女優の水川あさみが『A-Studio+』(TBS系)に出演し、コント三昧の日常生活について語った。

 表裏のない性格だという水川だが、日常では親友・森矢カンナの愛犬・ホリーに「堀 竜二」という名前を勝手につけ、奇妙なやり取りをしているという。水川いわく、犬を「Vシネの俳優・白竜さんの弟子で、だから竜をもらって竜二」と擬人化し、自分がマネージャーという設定で、話しかけているのだとか。

 また、普段は長年付き合いのあるヘアメイクを相手に“大女優コント”も繰り広げているらしく、これにも「シルクしか着ないっていう設定だから」とそれぞれに設定があるようだ。

「これを受け、MCを務めるKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔は『分からない』と苦笑いしていましたが、笑福亭鶴瓶(も『ちょっと1回見てもろたら?頭』とツッコみ、大爆笑していました。

 また、ハリセンボンの近藤春菜とも普段からコントを繰り広げているようで、水川は『あんまテレビだから言えないけど……』と言いつつ、近藤が“玉洗い師”というキャラクターを演じていると告白。そして『“玉洗い師”っていう免許を持ってる。玉洗い……』と話を続けようとしたところで、鶴瓶が『やめよ!』と制止。これ以上はテレビで話せない“下ネタ”だと呆れた様子でした」(芸能ライター)

 プライベートでは俳優の窪田正孝と昨年結婚し「自分の一番近くに自分のことを一番応援してくれる味方ができたっていう感じ。だから怖いものが減ったみたいな心強さがある」と語った水川。自分で味噌やしょうゆ麹を作ったり、発酵食品に興味を持ちはじめてぬか漬けを作ったりと、結婚をして変化したことも多いと語ったが、ネット上では「女優コントとか面白い」「コント楽しそう」などの声も。

 女優として大活躍の水川だが、今後はバラエティ番組などのコントにもぜひ参加してほしいものだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/09/12 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed