日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 蛭子能収、平常運転な認知症生活

蛭子能収、「自宅のトイレがわからない」「夜になると幻視」でも平常運転な認知症生活

文=日刊サイゾー

蛭子能収

 相変わらずな姿にひと安心だ。

 病状が心配されていた漫画家でタレントの蛭子能収が、9月15日発売の「アサヒ芸能」(徳間書店)に登場。テリー伊藤との対談で、近況を報告している。蛭子といえば、今年7月の医療番組で、初期の認知症と診断されたことが話題となったばかりだ。

「番組の専門医からは、初期の『レビー小体型認知症』『アルツハイマー型認知症』の合併症であることが発表されました。新しく体験したことを覚える能力やや記憶力、判断力などの認知機能に障害が出ることが認知症の主な症状ですが、『レビー小体型認知症』は加えて、幻視や幻覚、妄想、異常行動、レム睡眠行動障害といった症状が見られることが特徴だといいます」(テレビ誌ライター)

 テリーとの対談では、日常生活に変化はないと話しながらも、随所に認知症の影響と思われる発言も見られたという。

「本人は自覚がないため、認知症と診断されてもピンと来ていない様子。しかし、マネージャーによれば、自宅のトイレの場所がわからなくなったり、夜になると幻視が見え、洗濯カゴを人だと思ってしまうこともあったようです。蛭子は昨年、『死にたくない』というタイトルの著書を出版。その中で遺書を書いたことを明かしていますが、書いた記憶もおぼろげで、中身はもちろん覚えていないそうです(笑)」(芸能記者)

 蛭子は先月、30年来の付き合いのある浅草キッド・玉袋筋太郎とトークショーを開催。「私の名前は何ですか?」という玉袋の質問に答えることができなかったが、そもそも30年前から覚えていなかったというオチも。

 認知症と診断された後も、蛭子は平常運転のようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/16 06:30

蛭子能収、「自宅のトイレがわからない」「夜になると幻視」でも平常運転な認知症生活のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真