日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大阪テレビ局コロナ禍で番組削減

ローカル文化の衰退も!? 大阪のテレビ局、コロナ禍でまたも「番組削減」の動き

文=日刊サイゾー

読売テレビ公式サイトより

 在阪テレビ局、読売テレビが制作する情報番組『朝生ワイド す・またん!』が9月28日の放送から番組開始を従来より30分繰り下げ、5時50分開始にすると発表した。

 同局では日本テレビ系列で放送されている『ZIP!』を半分以上の時間帯で関西ローカルに差し替えているが、事実上「短縮」させる形。また、人気フリーアナウンサーの森たけしを週5日出演させていたところ、水曜~金曜の週3日出演に改めその分、局アナの出演機会を増やす。

 日テレ系列局の幹部は「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、広告収入がガタ落ち。その影響をかなり受けた措置です」と断言。

「裏局のABCテレビで同時間帯に放送されている関西ローカルの情報2番組も10月から1番組に変更、これも予算削減のあおりを受けてのものです。今後もどんどんこの流れは止められそうにないですね」と肩を落とす。

 いい意味で“治外法権”だった関西ローカル文化の衰退が心配される。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/21 12:00

ローカル文化の衰退も!? 大阪のテレビ局、コロナ禍でまたも「番組削減」の動きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

菅総理、二階の「五輪やめる」発言に怒り心頭も…

今週の注目記事・第1位「小室圭さんのウソ証拠...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真