日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『アンサング~』瀬野は死んでいない?

『アンサング・シンデレラ』田中圭演じる瀬野は死んでいない? 最終回予告で見えた片鱗

文=早乙女りこ(さおとめ・りこ)

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式サイトより

 石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)が、いよいよ今晩最終回を迎える。病院薬剤師を主人公に、薬と向き合う患者の姿が描かれてきた『アンサング・シンデレラ』だが、第9話から急展開に。薬剤師として患者を救ってきた瀬野章吾(田中圭)が、治療法が確立されていない副腎がんを患い、余命3カ月を宣告されてしまったのだ。

 なんとしてでも瀬野を助けたい葵みどり(石原さとみ)は、仲間たちに協力してもらい、治験薬を用いての治療を試みる。治験審査委員会の承認や、治験にトラウマのある瀬野本人の承諾などいくつもの関門を潜り抜け、やっとの思いで治験にこぎつけたのであった。しかし、それから2年後、萬津総合病院薬剤部に瀬野の姿はなかった。

 治験薬でも瀬野は助からなかったのかもしれない……。そう思わせるエンディングであったが、9月21日にフジテレビのYouTube公式チャンネルにアップされた最終話の予告編には「守れそうなのか?約束」とみどりに語りかける、聞き覚えのある声が。姿こそ映されていないものの、それは確かに瀬野の声であった。

 “約束”とは、みどりの妹の担当薬剤師を務めていた瀬野の母・さおりと交わした「さおりさんみたいな薬剤師になる」を指しているのだろう。もしかすると、瀬野は生きているのかもしれない。萬津総合病院薬剤部の一員ではなくなったが、比較的負担の軽い現場に移って薬剤師を続けているのかもしれないし、まだ闘病中の可能性もあり得るだろう。一視聴者としては、そんな希望を持たずにはいられない。

 だが一方で、声は聞こえても姿が現れないことから、ネットでは「空から聞こえた声なのでは?」という憶測も上がっている。新境地で奮闘するみどりに、空から見守る瀬野が声をかけたのかもしれない。視聴者からは瀬野が生きていることを切望する声が殺到しているが、真相はいかに……。今週放送の『アンサング・シンデレラ』最終回を見守りたい。

■番組情報
木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系/毎週木曜22:00~
出演:石原さとみ、田中圭、西野七瀬、真矢ミキ、成田凌、 桜井ユキ、井之脇海、
金澤美穂、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん ほか
原作:荒井ママレ
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
音楽:信澤宣明
プロデュース:野田悠介
制作著作:フジテレビ第一制作室
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung/

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2020/09/24 09:56

『アンサング・シンデレラ』田中圭演じる瀬野は死んでいない?最終回予告で見えた片鱗とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真