日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 欅坂46の改名に福山雅治サイドは…

欅坂46が「櫻坂46」に改名!『桜坂』とのカブリで福山雅治サイドとトラブルの可能性は?

文=日刊サイゾー

欅坂46が「櫻坂46」に改名!『桜坂』とのカブリで福山雅治サイドとトラブルの可能性は?の画像1
福山雅治

 アイドルグループ・欅坂46が、「櫻坂46」に改名すると発表した。10月12・13日に欅坂46としてのラストライブを無観客で実施し、翌14日から「櫻坂46」として活動する。

 新たな坂道シリーズのグループ「櫻坂46」として再出発するわけだが、“さくらざか”と言って思い出されるのは、2000年に大ヒットした福山雅治の代表曲『桜坂』だ。

「福山雅治のファンたちは、『櫻坂46』という名前に微妙な反応をしています。 “桜坂は福山雅治のもの”という認識が強く、あまり歓迎していないファンが多いのは確かなようです」(音楽業界関係者)

『櫻坂46』は、東京六本木にある「さくら坂」が由来で、福山雅治の『桜坂』は東京大田区にある「桜坂」が由来だとされている。つまり、まったく別の「さくらざか」から取ったものである。漢字表記も異なるので、“完全なカブリ”というわけではない。

「グループ名を決める際には、やはり“カブリ”がないように最大限の注意を払います。櫻坂46の運営も素人ではないので、当然福山の『桜坂』は意識したと思いますよ。漢字表記が異なるのも、おそらくそういう事情が関係しているのではないでしょうか。少なくとも、運営サイドは“問題なし”と判断しているはずです」(同)

 この名前カブリが大問題に発展するようなことはないのだろうか。

「同じ音楽関連とはいえ、曲名とグループ名のカブリなので、許容範囲内ということだと思います。男性ソロアーティストと女性アイドルグループという違いもありますし、問題ないはず。ただ、福山サイドが難癖をつけてきたら、話は別です。福山の事務所は、音楽業界的にはタブーと言えるほどの大手であるアミューズですから、坂道シリーズとはいえ歯向かうのは難しいでしょう。あっさり“再改名”なんていう展開になる可能性もなくはない」(同)

 そもそも、オーディションの段階では「鳥居坂46」という名前で、結成会見の時に「欅坂46」という名前でデビューすることが発表されたという経緯もある。

「改名を繰り返しているグループなので、何があってもおかしくはない。ただ、櫻坂46としては再スタートの景気づけとして、大きな話題がほしいところなので、義理を通すという意味も込めて、むしろ福山サイドにコラボを打診している可能性もあるかもしれません」(同)

 もしも福山雅治という強力な味方がついたら、櫻坂46も最高の再スタートを切れそうではあるが……。平手友梨奈というスーパーエースをなくし、生まれ変わろうとする彼女たちの動向に注目していきたい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/24 09:00

欅坂46が「櫻坂46」に改名!『桜坂』とのカブリで福山雅治サイドとトラブルの可能性は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真