日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 知られざる「バーター有名人」

米倉涼子、オスカー退社は“あの後輩女優”のゴリ押しに嫌気か…知られざる「バーター有名人」

文=日刊サイゾー

米倉涼子

 芸能界において「バーター」は新人を売り出すのに有効な手法とされてきたが、やりすぎると看板タレントの不興を買ってしまうことも?

 9月22日付の「FRIDAYデジタル」(講談社)が、米倉涼子がオスカープロモーションを退社した理由に「バーター」問題があったと報じている。

「記事によると、オスカーには10年以上もバーター起用され続けている女優がいるといい、同社の新人タレントのチャンスを潰しているのだとか。2018年の米倉主演ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)にその女優が起用された際には、米倉が露骨に嫌な顔をしていたそうです。

 記事では名前が伏せられていましたが、このバーター女優は後輩女優の内藤理沙で決まりでしょう。現在31歳の彼女ですが、テレ朝系ドラマでは『ドクターX』では米倉涼子、『黒革の手帳』では武井咲、『女囚セブン』では剛力彩芽、『妖怪シェアハウス』では小芝風花と、オスカー女優の主演作にことごとく出演しています」(芸能記者)

 目が出ればいいが、まったく売れないのであれば、後進に席を譲っても良さそうなものだが……。実際、オスカー以外ではバーターで飛躍したタレントは多い。

「過去を振り返ると、主演俳優となった中村倫也もかつては同じトップコートの佐々木希や松坂桃李のバーターで役を得て、チャンスをつかみました。女優では田中みな実が所属したフラームは、戸田恵梨香のバーターで有村架純が、そのまたバーターで松本穂香がビッグチャンスをものにしています。あまり知られていないところでは、お笑い芸人のハリセンボンはオリエンタルラジオの“コバンザメ”だったことをラジオで告白。下積みがないまま今に至っています。

 また、浅井企画に所属するお笑い芸人の多くは、長年にわたり関根勤やキャイ~ンの出演番組についてきた。90年代にキャイ~ンが売れてからまったく後が続かなかったものの、最近になって、ずん・飯尾和樹が大ブレイクし、ようやく一安心といったところでしょう」(テレビ関係者)

 これまでさまざまなタレントが「ゴリ押し」と揶揄されてきたが、米倉をキレさせた内藤こそ、その頂点か?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/24 21:00

米倉涼子、オスカー退社は“あの後輩女優”のゴリ押しに嫌気か…知られざる「バーター有名人」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真