日刊サイゾー トップ > 芸能  > 米倉涼子にもバーニングの後ろ盾?

Netflix『新聞記者』で小泉今日子と共演の米倉涼子、バーニングの傘の下に入るのか

文=日刊サイゾー

Netflix『新聞記者』で小泉今日子と共演の米倉涼子、バーニングの傘の下に入るのかの画像1
米倉涼子

 今年3月いっぱいで、デビュー以来所属していたオスカープロモーションを退社した米倉涼子が、Netflixオリジナルシリーズ『新聞記者』で主演を務めると発表された。

 東京新聞の望月衣塑子記者の同名著作を原案にした『新聞記者』。昨年映画版が公開され、複数の映画賞を獲得するなど、高い評価を得たが、Netflix版も映画版と同じく藤井道人が監督を務めるという。

 オスカー退社後は海外に拠点を移して活動するとも報じられていた米倉だが、Netflixのドラマが独立後最初の出演作となりそうだ。

「米倉本人はすぐにでも海外に行きたいという思いもあったようですが、コロナの影響もあり、実現しなかったみたいです。日本以外の国でも配信されるNetflixのドラマは、海外進出を狙う米倉にとっては絶好の足がかりになると思います」(映画業界関係者)

 この『新聞記者』には、2018年にバーニングプロダクションから独立した小泉今日子が出演するとの情報もある。

「小泉は米倉にとっての姉貴分。独立して後ろ盾がない米倉の良きサポート役となっているようです。ちなみに、小泉は独立したとはいえ、自身が代表を務める『株式会社明後日』は相変わらずバーニングの系列会社。つまり、小泉は事実上バーニングの後ろ盾がある状態。その小泉に守られている米倉も結局、バーニングの傘の下に入ったということです」(芸能事務所関係者)

 この『新聞記者』は政権に批判的な内容であるということで、出演オファーを断った俳優もいたと言われている。

「小泉も米倉もバーニングの傘の下で、自由に発言できる環境があるわけです。これがもしも弱小事務所のタレントであれば、潰されないように大人しくしているでしょう。海外では女優がリベラルな発言をするのはごくごく当たり前のことだし、米倉にとっては理想的な環境になったのでは?」(同)

 国内での強力な後ろ盾の存在が、米倉の海外進出をプッシュすることになりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/19 17:00

Netflix『新聞記者』で小泉今日子と共演の米倉涼子、バーニングの傘の下に入るのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

大林宣彦ワールドの過激な進化!? 『ザ・スイッチ』

 内気な女子高生の体が、なんと連続殺人犯であ...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真