日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 有村架純、主演ドラマが女優としての正念場?

有村架純、スタート間近の主演ドラマが女優としての正念場に!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

有村架純、スタート間近の主演ドラマが女優としての正念場に!?の画像1
有村架純。

 女優の有村架純と俳優の林遣都が22日、都内で行われた27日スタートのフジテレビ系ドラマ『姉ちゃんの恋人』の取材会に出席したことを、各スポーツ紙が報じた。

 同ドラマは、両親を亡くし3人の弟を養う有村演じる“肝っ玉姉ちゃん”の恋と家族愛を描いたコメディ作品。林は有村演じる主人公と恋に落ちる職場の同僚を演じる。各紙によると、有村は自身の役について「生命力にあふれる女性」と説明。「一生懸命、力を込めて生きているけど、それを笑い飛ばせる。その力に勇気をもらっています」と話したという。

「13年のNHKの朝ドラ『あまちゃん』でブレイクし、17年の朝ドラ『ひよっこ』ではヒロインを演じた有村。事務所は基本、今回のドラマのような元気が取り柄の役柄で売ろうとしているがそろそろ、役の幅を広げていく時期ではないかといわれています。主演作は多いのですが、ドラマではそれほど数字を持っていない印象で、今回のドラマでも不安視する向きが多い」(放送担当記者)

 16年の月9ドラマ初主演となった『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は全話の平均視聴率が9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、そして、問題作のコミックを実写化した18年のTBS系主演ドラマ『中学聖日記』は全話6.9%と、ドラマの数字は厳しい結果に。

「『姉ちゃんの~』が放送される火曜午後9時は関西テレビが制作の枠で、このところ、ことごとく評判になるドラマがない。逆にその枠で、ある程度話題が取れたら、有村の評価も上がりそうですよね。いずれにせよ、そろそろ女優としての正念場になりそうだ」(芸能記者)

 ドラマ敗因の原因が女優にあるわけではないが、いつも同じ演技をするならば、いつかは別の人間に取って代わられてしまうのが、ドラマの世界。キャリアを鑑みても、有村自身もそろそろ新しい顔を見せたいところだろう。

最終更新:2020/10/26 13:00

有村架純、スタート間近の主演ドラマが女優としての正念場に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真