日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.607

“裏切り者”扱いされたミュージシャンの回顧録青春の終焉『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

巣ごもりがもたらした幸福な時間

ボブ・ディランの欧米ツアーに同行し、ロビーたちの運命は大きく変わる。

 1960年代後半のボブ・ディランは、フォークからエレキロックへの移行期にあった。新しいスタイルに変身したディランは、行く先々のライブ会場でブーイングを浴びる。あまりに激しい野次の嵐に、リヴォンの心は折れてしまい、「メキシコ湾の油田で働く」とロビーに言い残し、去っていく。「ザ・ホークス」の最古参メンバーだったリヴォンとの、つらい別れだった。

 1966年、頼みの綱だったディランがバイク事故を起こし、ツアーやレコーディングの予定はすべて白紙となってしまう。だが、災転じて福となす。ディランが静養していたウッドストックにロビーたちも移り住み、ピンク色のペンキに塗られた一軒家で過ごすことになる。伝説の始まりだった。観客の誰もいない一軒家の地下室で、ロビーたちは時間が経つのを忘れてセッションに明け暮れた。誰かが新曲のアイデアを閃けば、他のメンバーが演奏することで曲を完成させた。ディランも毎日のように現れ、セッションに加わった。この時期の演奏は『ザ・ベースメント・テープス』と呼ばれ、名曲「アイ・シャル・ビー・リリースト」もこの地下室で生まれている。

 流行に左右されることなく、自分たちの求める理想の音楽、自身のアイデンティティーとなっているものを音楽で探究し続ける毎日だった。地下室でのセッションは噂となり、ロビーたちのレコードデビューがついに決まる。ロビーは実家に帰っていたリヴォンを呼び戻す。この頃のリヴォンの写真が残っているが、仲間の元に戻れたことをリヴォンは本当に喜んでいる様子が伝わってくる。ロビーたちは多くのアーティストたちが集ったウッドストックでも唯一無二のバンドとして知られ、“ザ・バンド”と呼ばれるようになっていた。ザ・バンドのデビューアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』は、1968年にリリース。アルバムのジャケットには、ディランが描いた水彩イラストが使われた。そのイラストには、彼らが無邪気な子どものように楽器と戯れる姿が描かれている。

 ザ・バンドのデビュー作『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』は、不思議なアルバムだ。新人バンドのデビュー作なのに、「ザ・ウェイト」や「火の車」など老成したバンドのように、渋く練り上げられた曲ばかり入っている。カントリー、ロカビリー、R&B、ゴスペルなど、アメリカのルーツミュージックをベースにした彼らの音楽は、発売された時点ですでに古臭く、それゆえに逆に新鮮だった。今では「アメリカーナ」と呼ばれるジャンルを、ザ・バンドは確立したのだ。デビューアルバムは高く評価され、ボブ・ディランのバックバンドのイメージが強かったザ・バンドは、ロック界の最前線へ躍り出ることになる。

 だが、同時にウッドストックで過ごした楽園のような日々も終わりを告げる。実の兄弟同然に仲の良かったメンバーから最初に距離を置くようになったのは、ロビーだった。リックやリチャードは酒に酔って車を大破させるなど、ロックミュージシャンらしい無軌道な生活を繰り返した。リヴォンはヘロインに手を出し、薬物中毒となってしまう。妻ドミニックとの間に子どもが誕生していたロビーは、メンバーが起こすトラブルに家族を巻き込むわけにはいかなかった。

123

“裏切り者”扱いされたミュージシャンの回顧録青春の終焉『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

有村架純と森田剛が共演『前科者』レビュー

 寄り添うという言葉は、柔らかいイメージがあ...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真