日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > ノーラン監督『テネット』レビュー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.602

超難解な内容でも、リピーター効果で大ヒットに ノーラン監督が仕掛けた高等パズル『テネット』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

 

スパイ映画にSF要素を複合させた『テネット』。デンゼル・ワシントンの息子ジョン・デイビッド・ワシントンが主演。

 潜在意識の世界が具象化された世界を『インセプション』(2010)では描き、『インターステラー』(14)ではワームホールを使った惑星間航行を観客に擬似体験させた。クリストファー・ノーラン監督は、人類がまだ見たことのない未知の世界を映画館の闇の中に次々と生み出してきた。9月18日から日本公開が始まった新作『TENET テネット』も、これまでになかった映像&音響世界が繰り広げられている。世界興収はすでに2億5,000万ドル以上を記録、日本でも初日から5日間の興収は7億円超えという大ヒットスタートとなった。

 ノーラン監督にとって11作目となる『テネット』は、もはや映画と呼ぶには適していない作品かもしれない。少なくとも、従来の映画のように受け身で鑑賞する人間ドラマではない。ノーラン監督のブレイク作『メメント』(00)も一度観ただけでは理解することが難しい作品だったが、『テネット』はそれを大きく上回る。『メメント』にはパズルを解くような面白さがあったが、『テネット』はより複雑な立体パズルを思わせる。

 多くの人はこの難解な立体パズルを解くために、複数回にわたって映画館に足を運ぶことになるに違いない。一度目は、現在から未来へと進む時間軸と未来から現在へとさかのぼる時間軸が同一世界に混在することに戸惑い、気づいたときにはエンドロールが流れ始めている。だが、最初からもう一度観ると、頭の中で混乱を起こしたシーンのひとつひとつが辻褄が合っていることが分かる。苦労してパズルを解いたような快感を覚える。

 主人公となるのは、名もなき男(ジョン・デイビッド・ワシントン)。ウクライナのオペラハウスでテロ事件が発生し、特殊部隊がオペラハウス内に突入する。特殊部隊の一員である名もなき男は、任務中に危うく命を失うところだったが、顔の見えない謎の男に救われた。命拾いした名もなき男は、ある秘密組織から第三次世界大戦の危機から人類を救えという壮大なミッションを下される。

 人類が滅亡の危機に瀕する第三次世界大戦をもたらすのは核兵器ではなく、未来で開発される最新テクノロジーだった。エントロピーが増大することによって時間は一方方向へと流れているわけだが、このエントロピーの流れを逆転させることで時間を逆行させることが未来社会では可能となっていた。だが、その時間逆行は人類はおろか世界全体を消滅させる危険もはらんでいる。

 名もなき男は「テネット」を合言葉に、人知を超えた究極のミッションに挑む。

123

超難解な内容でも、リピーター効果で大ヒットに ノーラン監督が仕掛けた高等パズル『テネット』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真